動画・テレビCM

中外製薬の会社紹介動画、テレビCMなどをご紹介します。
*各動画は当社の公式YouTubeチャンネルで公開しています。動画内のリンクをクリックすると外部サイトに移動します。

会社紹介動画

  • 別ウィンドウで開く
    会社紹介映像(2:21)

    会社紹介映像

    約100年前、輸入代理店として創業した中外製薬は、「海外の医薬品を日本中に広めるだけでなく、やがては日本の医薬品を海外に届けたい」という想いから、「中外」と名付けられました。「ヘルスケア産業のトップイノベーター」となり、患者さん中心の、高度で持続可能な医療の実現を目指す当社について140秒で紹介します。

  • 別ウィンドウで開く
    デジタルで変える、ヘルスケアの未来。(7:32)

    デジタルで変える、ヘルスケアの未来。

    中外製薬は、これまで培ってきたバイオを始めとした独自のサイエンス力・技術力に、最先端のデジタル技術を掛け合わせることで、自らのビジネスを変革し、社会を変えるヘルスケアソリューションを提供します。

    全社を挙げてDxに取り組む(代表取締役社長 COO 奥田 修)
    2030年ビジョンと3つの基本戦略(執行役員 デジタル・IT統轄部門長 志済 聡子)
    戦略1 デジタルを活用した革新的な新薬創出(研究本部 創薬基盤研究部 主任研究員 寺本 礼二)
    戦略2 すべてのバリューチェーン効率化(中外製薬工業 浮間工場長 上野 誠二)
    戦略3 デジタル基盤の強化(デジタル戦略推進部長 中西 義人)

  • 別ウィンドウで開く
    ヘルスケアの未来 2030|CHUGAI DIGITALビジョンムービー(4:12)

    デジタルで変える、ヘルスケアの未来。

    人は、一人ひとり違う。

    病気になるリスクも、
    必要な薬も、
    そして生き方も。

    必要なのは、一人ひとりに合わせたヘルスケア。

    ---------------------

    中外製薬が「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」で目指す、ヘルスケアの未来を描くビジョンムービーです。
    DXを推進する当社が、社会を変えるヘルスケアソリューションとして提供する新しい価値とはどのようなものなのか?
    一人ひとりに合わせたヘルスケアの未来を創造するために、当社は独自の創薬力とデジタル技術を通じてどのように貢献するのか?
    約4分間の映像で表現しています。

  • 別ウィンドウで開く
    人々の暮らしを救え!医療くんの大冒険
    ~みんなが楽しく分かる、個別化医療の高度化~(7:02)

    人々の暮らしを救え!医療くんの大冒険
    ~みんなが楽しく分かる、個別化医療の高度化~

    修行をしながら世界中を旅する医療くん。行く手にはモンスターが…。医療くんの旅のストーリーを通じて、個別化医療とその高度化について分かりやすくご説明します。

テレビCM

  • 別ウィンドウで開く
    中外製薬 30秒CM「私だけの治療法をください。」篇(0:30)

    中外製薬 30秒CM「私だけの治療法をください。」篇

    「私だけの治療法をください。」
    中外製薬は、一人ひとりの遺伝子に基づく「個別化医療」のパイオニアとして、その進展に貢献してきました。
    一人ひとりの患者さん「個人」にあった治療を行う個別化医療の推進に力を注ぎ、イノベーションを追求する中外製薬の姿勢を表現するため、「私だけの治療法をください。」をキャッチコピーに、新企業広告を作成しました。女優の戸田恵梨香さんを起用し、「個」を表すDNAをモチーフしたらせん階段を背景に、個別化医療の進展によって開かれる未来や、希望を患者さんの目線で視聴者に問いかけています。

    出演:戸田恵梨香

  • 別ウィンドウで開く
    中外製薬 CMメイキング「私だけの治療法をください。」篇(1:38)

    中外製薬 CMメイキング「私だけの治療法をください。」篇

    女優の戸田恵梨香さんを起用した中外製薬CM「私だけの治療法をください。」篇のメイキング映像。

    撮影の様子や臨場感、戸田さんの真剣な眼差しに注目。
    戸田さんが想うCMの世界観や、CMを通して伝えたいメッセージを語って頂きました。

中外ブランドムービー

  • 別ウィンドウで開く
    創造で、想像を超える。 - 中外製薬 ブランドムービー(1:37)

    創造で、想像を超える。 - 中外製薬 ブランドムービー

    わたしたちには、たくさんの強みがあります。わたしたちには、これから成し遂げたいことがあります。スローガン「創造で、想像を超える。」に込めた、そんな、わたしたちの想いをご紹介します。

医療関係者と同じ気持ちで

  • 別ウィンドウで開く
    「ある医師の日常」篇(4:49)

    「ある医師の日常」篇

    医療の最前線で患者さんと向き合うさまざまな職の方々が、最大限の努力と強い気持ちで、患者さんと共に病に立ち向かっています。そして患者さんは、いつの時もそうした医療の担い手の支えを必要としています。この動画は、医療に関わる皆さま一人ひとりの仕事が、「希望をつなぐ仕事」であることをあらためてお伝えしたく企画したものです。 職種別にシリーズで制作した3部作のうち、 「ある医師の日常」篇は、病気の治療にあたるだけではなく、患者さんの人生にも寄り添いながら一緒に考え、病と闘っている医師のストーリーです。 患者さんが100人いれば100通りの生活や日常があり、医師の仕事は患者さん一人ひとりが日常を取り戻すことを支援する、希望をつなぐ仕事であることを描いています。 また、楽曲「Tender Love」はアーティストの絢香さんにオリジナルで書き下ろしていただきました。絢香さんのやさしい歌声に乗せて、多くの医療関係者の方々に感謝とエールをお届けできることを願うと同時に、私たち製薬企業も、同じ気持ちで働きたいと考えています。

    挿入歌:「Tender Love
    作詞・作曲・唄:絢香

  • 別ウィンドウで開く
    「看護師のしごと」篇(4:49)

    「看護師のしごと」篇

    医療の最前線で患者さんと向き合うさまざまな職の方々が、最大限の努力と強い気持ちで、患者さんと共に病に立ち向かっています。そして患者さんは、いつの時もそうした医療の担い手の支えを必要としています。この動画は、医療に関わる皆さま一人ひとりの仕事が、「希望をつなぐ仕事」であることをあらためてお伝えしたく企画したものです。 職種別にシリーズで制作した3部作のうち、 「看護師のしごと」篇は、患者さんに寄り添い支え続ける看護師のストーリーです。患者さんは、不安や後悔、孤独と闘っています。それを知っているからこそ気持ちを汲み取り向き合い、決して患者さんを一人にはさせない、そうした強い意思と想いを描いています。 また、楽曲「Tender Love」はアーティストの絢香さんにオリジナルで書き下ろしていただきました。絢香さんのやさしい歌声に乗せて、多くの医療関係者の方々に感謝とエールをお届けできることを願うのと同時に、私たち製薬企業も、同じ気持ちで働きたいと考えています。

    挿入歌:「Tender Love
    作詞・作曲・唄:絢香

  • 別ウィンドウで開く
    「薬剤師の名前」篇(4:42)

    「薬剤師の名前」篇

    医療の最前線で患者さんと向き合うさまざまな職の方々が、最大限の努力と強い気持ちで、患者さんと共に病に立ち向かっています。そして患者さんは、いつの時もそうした医療の担い手の支えを必要としています。この動画は、医療に関わる皆さま一人ひとりの仕事が、「希望をつなぐ仕事」であることをあらためてお伝えしたく企画したものです。 職種別にシリーズで制作した3部作のうち、 「薬剤師の名前」篇は、チーム医療の最前線にいる一員として患者さんの治療にあたる薬剤師のストーリーです。患者さんが病気と闘う決意に自分自身の想いを重ね合わせ、薬剤師として患者さんに向き合う気持ちや、仕事への自負を新たにする心の動きを描いています。 また、楽曲「Tender Love」はアーティストの絢香さんにオリジナルで書き下ろしていただきました。絢香さんのやさしい歌声に乗せて、多くの医療関係者の方々に感謝とエールをお届けできることを願うのと同時に、私たち製薬企業も、同じ気持ちで働きたいと考えています。

    挿入歌:「Tender Love
    作詞・作曲・唄:絢香

  • 別ウィンドウで開く
    「ある、かかりつけ薬剤師の一日」篇(5:00)

    「ある、かかりつけ薬剤師の一日」篇

    2016年4月より「かかりつけ薬剤師制度」が始まりました。
    患者さんに指名された「かかりつけ薬剤師」は、担当する患者さんの服薬情報を一元的かつ継続的に把握し、薬局の閉まっている夜間や休日を含め、お薬や健康に関する相談に応じます。さらに、在宅対応や医療機関との連携など、その役割は多岐にわたります。
    この動画は、ある薬剤師さんの一日を通じて、かかりつけ薬剤師の仕事内容や想いを描いています。また、テーマ曲の「始まりのサンセット」は、斉藤和義さんが本企画のために新たに作詞・作曲されたものです。
    「患者さんを笑顔にしたい」
    私たち製薬企業も、同じ気持ちで働きたいと考えています。

    挿入歌:題名「始まりのサンセット」
    作詞・作曲・唄:斉藤和義
    協力:一般社団法人 日本保険薬局協会

患者さんの気持ちに寄り添う

  • 別ウィンドウで開く
    がん患者さん・医療関係者 応援ムービー「温かい手」(4:05)

    がん患者さん・医療関係者 応援ムービー「温かい手」

    現在、日本人の2人に1人ががんになる可能性があると言われています。また長引くコロナ禍により、がん検診の受診率低下が新たな課題となっています。多くの方ががんへの不安や戸惑いを感じている中でも、がんに立ち向かう患者さんとそのご家族、医療関係者の皆さまが希望を持ち、前向きに立ち向かえるがん医療の実現を目指していきたい。そんな想いをこの動画に込めました。
    音楽にシンガーソングライターの山崎まさよしさん、制作にはNHK「どーもくん」や「こまねこ」に代表される「こま撮りアニメーション」を得意とするドワーフスタジオを迎えました。
    がん患者さんやご家族、医療関係者の皆さまを応援することを目的としたムービー「温かい手」。

    【あらすじ】
    病室でひとり眠れない夜を過ごす患者さん。
    「がんになっちゃった・・・こわいな」、SNSで発信しようか悩み、ため息をつき、目を閉じる・・・。
    するとそこは山の中。山頂を目指して歩いているようだ。その道中でたくさんの困難に遭遇するが、様々な動物たちの支えを受けながら、前へ前へと進んでいく。たどり着いた山頂で患者さんがみたものは・・・。

  • 別ウィンドウで開く
    視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)「あの子を連れて旅に出たら、わからないことをわかりたくなった話」(25:02)

    視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)「あの子を連れて旅に出たら、わからないことをわかりたくなった話」

    主演に堀田真由さん、原作に岸田奈美さん、監督には柳明奈さんを迎えた指定難病のNMOSD(視神経脊髄炎スペクトラム障害)の啓発を目的としたショートフィルム「あの子を連れて旅に出たら、わからないことをわかりたくなった話」。
    多くの人にこの疾患を知ってもらうことが、患者さんはもちろん、その周りにいる人々にとっても、より良い社会生活に繋がっていくと考えています。
    そこでこのたび、NMOSDという難病とそれに向き合う人々の姿を描いたショートフィルムを制作いたしました。

    【あらすじ】
    父を亡くし、母である郁子(須藤理彩)と二人で暮らす大学生の美月(堀田真由)。1年前、郁子はNMOSD(視神経脊髄炎スペクトラム障害)という難病を発症。この難病をきっかけに母娘のあたりまえだった日常が変わってしまった。郁子は目が見えづらく手足に痺れがあるが、娘には心配をかけまいと気丈に振る舞い、美月はそんな母への接し方に悩み、心配しながら日々を過ごしている。
    ある日、美月は彼氏の陽一(松岡広大)と一緒に母を外に連れ出す計画を立てていた。ドアのチャイムが鳴り、陽一を迎えにいくと、そこに立っていたのは陽一ではなく配達員だった。そこで受け取った贈り物が、母と美月の関係を大きく変えていく……。

  • 別ウィンドウで開く
    乳がん患者さんのストーリーにひとつだって同じものはない。(2:47)

    乳がん患者さんのストーリーにひとつだって同じものはない。

    乳がんは患者さん一人ひとりでがんの性質が異なり、それぞれの患者さんで乳がんとの付き合い方が異なります。
    一人ひとりの患者さん、そしてご家族に向き合い、支えになりたいという想いを込めて映像を作成しました。

  • 別ウィンドウで開く
    関節リウマチ 「メガネの魔法」篇(6:55)

    関節リウマチ 「メガネの魔法」篇

    ナナミとヒカルは幼なじみ。
    ナナミの母ミナミはある日突然、関節リウマチを患う。
    メガネがどんな魔法をかけるのか。
    病気の認知、理解を深めるために制作された疾患啓発アニメーション作品です。

    制作:タツノコプロ
    ナナミ:竹達彩奈
    ヒカル:入野自由
    ミナミ:大久保佳代子
    ノゾミ:倉岡水巴

  • 別ウィンドウで開く
    自己免疫疾患「明日の月」篇(8:38)

    自己免疫疾患「明日の月」篇

    自己免疫疾患の治療を続ける麻子は、「ある悩み」を抱えていた。
    悩みを解決するために、病院のスタッフや職場の上司・同僚、そして患者さん本人がとった行動とは―。ショートムービーで綴る、医療従事者と一人の患者さんの物語。

  • 別ウィンドウで開く
    With A Wish 関節リウマチ患者さんへ贈る応援ムービー(7:23)

    With A Wish 関節リウマチ患者さんへ贈る応援ムービー

    関節リウマチの痛み・苦しみは、本人しかわからない。
    早期に専門病院へ受診し治療を開始することで希望をもつことができる。
    With A Wishは、関節リウマチ患者さんやご家族の笑顔をふやしたい、そしてたくさんの方々に知っていただきたい思いで作られました。
    映像はその想いをのせて表現しました。

    挿入歌:題名「 With A Wish
    作詞:加藤哉子
    作編曲:小林俊太郎
    唄:我那覇美奈

  • 別ウィンドウで開く
    希望のつぼみ 病気やけがに苦しむ患者さんへ贈る応援ムービー(6:03)

    希望のつぼみ 病気やけがに苦しむ患者さんへ贈る応援ムービー

    世界には病気やケガに苦しんだり悩んだりしている人がたくさんいます。
    希望のつぼみは、何かの病気にとどまることなく、そういった人たちの心の中に勇気や希望が生まれてくることを願って作られました。
    映像はその想いをのせて表現しました。

    挿入歌:題名「 希望のつぼみ 」
    作詞:加藤哉子
    作編曲:小林俊太郎
    唄:我那覇美奈

  • 別ウィンドウで開く
    骨粗鬆症「母の味噌汁」篇(9:38)

    骨粗鬆症「母の味噌汁」篇

    一人暮らしの母親が骨折した。
    “骨粗鬆症”と診断された。
    息子は同居の承諾をもらうために帰省したが、
    一杯の味噌汁がきっかけで
    母親の本心を知ることになり・・・。
    思わず涙があふれだす
    感動のショートムービー。

    公益財団法人骨粗鬆症財団 この作品は骨粗鬆症財団の推奨を受けています

  • 別ウィンドウで開く
    慢性腎臓病「腎臓からの手紙」篇(4:35)

    慢性腎臓病「腎臓からの手紙」篇

    「前略、___私、あなたの腎臓です。」
    いつもは物静かな腎臓から、ある日、手紙が届く。
    患者さんのこれからの人生をもっと笑顔にするために、慢性腎臓病治療を積極的にサポートしていきたいという中外製薬の想いを込めて制作した、ショートムービーです。

  • 別ウィンドウで開く
    関節リウマチ「母の口紅」篇(4:28)

    関節リウマチ「母の口紅」篇

    関節リウマチが進行すると、お化粧することすら難しくなってしまうこともあります。
    “いつまでも美しく生きていきたい。”
    患者さんのそんな願いをかなえるためにも、関節リウマチ治療を積極的にサポートしていきたいという中外製薬の想いを込めて制作した、ショートムービーです。

    カンヌライオンズ2016
    ファーマ部門 ブロンズ賞受賞

がんゲノム医療

  • 別ウィンドウで開く
    「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」初級編①:がんゲノム医療とは(10:40)

    「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」初級編①:がんゲノム医療とは

    「がんゲノム医療」って何だろう…
    患者さん一人ひとりにあった最適な治療の実現に向け、関心が高まりつつあるがんゲノム医療について、学び、理解を深め、活かしていただくための教育プログラム、初級編です。

  • 別ウィンドウで開く
    「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」初級編②:遺伝子変異に合わせたがん治療とは(8:21)

    「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」初級編②:遺伝子変異に合わせたがん治療とは

    「がんゲノム医療」って何だろう…
    患者さん一人ひとりにあった最適な治療の実現に向け、関心が高まりつつあるがんゲノム医療について、学び、理解を深め、活かしていただくための教育プログラム、初級編です。

  • 別ウィンドウで開く
    「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」初級編③:がん遺伝子パネル検査とは(4:03)

    「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」初級編③:がん遺伝子パネル検査とは

    「がんゲノム医療」って何だろう…
    患者さん一人ひとりにあった最適な治療の実現に向け、関心が高まりつつあるがんゲノム医療について、学び、理解を深め、活かしていただくための教育プログラム、初級編です。

  • 別ウィンドウで開く
    あなたのがんゲノム医療、はじまる。|中外製薬(2:00)

    あなたのがんゲノム医療、はじまる。|中外製薬

    がんゲノム医療では、がんの遺伝子を調べることで、一人ひとりに最適ながん治療を見つけることをめざしています。ヒトの遺伝子は約23,000個あり、そのなかで現在、がんに関する遺伝子は数100個見つかっています。そして、このがんに関連する遺伝子の変異こそ、がんの正体です。

    これまで、がんは臓器ごとに分類し治療方針が立てられ、薬に対応する遺伝子を調べるのにも時間がかかっていました。しかし、がんゲノム医療の登場により、がんの治療法が大きく変わりつつあります。がんゲノム医療で行う「がん遺伝子パネル検査」では、がんと関連する複数の遺伝子を1回で高速かつ網羅的に調べます。今現在、遺伝子の変異に合わせた薬剤がすべて存在するわけではありませんが、がんの遺伝子を知ることで、治療の選択肢が広がる可能性があります。

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

動画・広告ライブラリー

トップに戻る