トップコミットメント

代表取締役社長 最高経営責任者(CEO) 小坂 達朗

世界の医療と人々の健康に貢献するために

中外製薬は、「革新的な医薬品とサービスの提供を通じて新しい価値を創造し、世界の医療と人々の健康に貢献します」というミッション(存在意義)を掲げています。
このミッション実現に向け、中外製薬では研究、開発、生産、マーケティングなど、あらゆる機能、分野で進化を図ってきました。そして現在、世界の製薬業界の中でも、大きな責任・役割を担う存在となっていると自負しています。
一方、長期的な視座で患者さんや医療を取り巻く環境を展望すると、構造的な変化が想定されます。技術が大きく進化し、社会的ニーズも変化する中、薬剤の価値は、効果や安全性だけではなく、生活の質(QOL)や精神的・肉体的・金銭的負担までをも含めた、患者さんにとってトータルの価値を考えなくてはなりません。また、ライフサイエンス技術・デジタル技術の進展に伴い、業界の垣根も取り払われ、新たな製品・サービスの登場が期待される一方で、医療財政の問題は世界的に一層深刻化することが予想されます。
中外製薬のミッション実現に向けた道筋を考えれば、私たちが貢献できる範囲、果たすべき役割も広がっていくはずです。

患者中心の高度で持続可能な医療の実現

こうした環境を踏まえ、中外製薬では改めて「ステークホルダーとの共有価値の創造」を経営の基本方針として掲げました。これまでも大切にしてきた考え方ですが、私たちは医薬品やソリューションの価値を社会の価値につなげていかなければなりません。経営としても、常に社会課題の解決を根幹に置く考えです。国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」とも思想は同じです。
ステークホルダーとの共有価値として目指すのは、「患者中心の高度で持続可能な医療の実現」です。次世代の医療そのものへの貢献をも目指し、患者さんやその家族、医療関係者、大学などの研究機関、取引先、そして医療システムを支える国や地方行政、医療保険・規制当局、さらには株主・投資家や社員など、さまざまなステークホルダーと価値を共有していきたいと考えています。
そして、その実現に向けて、中外製薬はこれまで以上にイノベーションに集中していきます。私は、中外製薬を表すキーワードは、昔も今も「イノベーション」だと感じています。連続的なイノベーションの創出を通じて社会の課題を解決し、企業価値の向上を実現していきます。

  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする

共有価値の創造

トップに戻る