成長戦略

当社グループは、目指す姿(Envisioned Future)の実現を目指し、新たな成長戦略「TOP I 2030」(2021年~2030年)を策定しました。ロシュ社との戦略的アライアンスをベースに、さらなる競争優位の獲得と持続的な利益成長・企業価値拡大の実現を目指して、新たなステージでの変革に取り組んでいます。

名称

TOP”には、「日本ではなく世界のトップイノベーター」を目指す想いが込められ、“I”には、「イノベーター」に加え、価値創造の原動力は「人」であり、中外製薬グループ社員一人ひとりが「TOP I 2030」の実現を目指す主役であるという「私=I」の2つの意味が重ねられています。

TOP I 2030 ロゴ

基本方針

事業活動の持続的な発展のために、企業は社会課題と真摯に向き合い、解決に向けて取り組むことが求められます。中外製薬は、革新的医薬品を核としたイノベーション創出による社会課題の解決を通じて、当社および社会双方の発展を目指しています。

当社の基本方針はマテリアリティ含めて不変

2030年トップイノベーター像

当社はロシュ社との協働のもと、「革新的新薬」を事業のコアに据えながら、製薬企業に限らず多様なプレーヤーがイノベーションに挑戦する世界のヘルスケア領域においてトップクラスのイノベーターを目指しています。

2030年の「到達像」を以下のように定めました。

2030年トップイノベーター像

「世界の患者さんが期待する」
世界最高水準の創薬力を有し、世界中の患者さんが「中外なら必ず新たな治療法を生み出してくれる」と期待する会社

「世界の人財とプレーヤーを惹きつける」
世界中の情熱ある人財を惹きつけ、ヘルスケアにかかわる世界中のプレーヤーが「中外と組めば新しい何かを生み出せる」と想起する会社

「世界のロールモデル」
事業活動を通じたESGの取り組みが評価され、社会課題解決をリードする企業として世界のロールモデルである会社

2030年に向けた新成長戦略「TOP I 2030

当社グループは、中期経営計画「IBI 21」を1年前倒しで終了するとともに、ミッションステートメントに掲げた目指す姿(Envisioned Future)の実現を目指し、2030年に向けた新たな成長戦略「TOP I 2030」(トップ アイ 2030)を策定しました。

2030年トップイノベーター像実現に向けた新成長戦略

TOP I 2030」の2つの柱は、「世界最高水準の創薬の実現」と「先進的事業モデルの構築」です。

独自のサイエンスと技術を駆使して数々の革新的新薬を生み出してきた当社は、今後10年間でさらに創薬力を大きく向上させ、世界のアンメット・メディカルニーズに応えるソリューションを継続的に世に送り出せる体制構築・強化を目指します。具体的には、現在のR&Dアウトプットを10年間で2倍に拡大し、革新的な自社開発グローバル品を毎年上市できる会社を目指します。

そして、環境変化や技術進化を踏まえた先進的事業モデルの構築にも取り組んでいきます。特にデジタルを活用したプロセスや価値創出モデルの抜本的な再構築によって、バリューチェーン全体にわたる生産性の飛躍的向上と、患者さんへの価値・製品価値の拡大を目指していきます。

  • * いまだに有効な治療方法がなく、十分に満たされていない医療ニーズ

成長戦略実現に向けた5つの改革

TOP I 2030」では、戦略の二本柱を実現するための具体策として、「創薬」「開発」「製薬」「Value Delivery」の各バリューチェーンとそれを支える「成長基盤」を合わせた「5つの改革」を掲げています。

トップイノベーター像実現に向けた5つの改革

1. 創薬改革

独創的な創薬アイディアを具現化する創薬技術基盤強化に加え、デジタル強化・外部連携の促進によりアウトプット倍増。

​

TOP I 2030」では、たんぱく質エンジニアリング技術をはじめ、これまで積み上げてきた自社創薬の強みをベースにしながら、独創的な創薬アイデアを具現化する創薬技術基盤の一層の強化を目指します。そして、最大の価値創出源である創薬および早期開発に全社資源を集中し、十分な投資によって成果を創出していきます。

特に、当社グループの今後の中長期的な成長を牽引する大黒柱として期待される中分子医薬では、早期の実用化に向けた技術開発・臨床プロジェクトに資源を優先的に投入します。また、AIを含むデジタル技術の効果的な活用と積極的な外部連携を通じて、創薬技術の多様化、スピードの加速を図ります。

2. 開発改革

デジタルの活用により業務効率化と成功確率を向上させ、製品価値を最大化できる世界トップレベルの臨床開発モデルを実現。

画期的なプロジェクトをより速く、より多くの患者さんに届けるため、数理モデルやデジタル技術を最大限活用した業界トップクラスの臨床開発モデルを構築します。生体反応を精緻に理解し、自社に蓄積されたあらゆる疾患・治療データやリアルワールドデータ(RWD)を徹底活用することで、用法用量・有効性・安全性の予測性を高めるとともに、デジタル・バイオマーカーやデジタル・デバイスで、患者さんのQOLを早期に実証していきます。また、後期臨床開発の業務効率化を目指したオペレーションモデルの抜本的な改革にも取り組みます。

3. 製薬改革

創薬アイディアを医薬品の形にする世界水準の技術と、高いコスト競争力を兼ね備えたトップイノベーターに相応しい製薬機能の実現。

​​

R&Dアウトプットの大幅な拡充を目指す一方で、革新的な医薬品を確実に製品化する世界水準の製薬技術の追求も重要な課題となります。創薬・開発~製薬の機能間の連携を一層強化し、最先端技術を駆使して中分子などの高難度の薬物に対応した製薬技術開発を進めていきます。引き続きコア技術として進化が期待される抗体医薬についても、更なる技術開発の推進と開発スピードの向上に努めます。

一方で、デジタル・ロボティクスの活用により生産性を飛躍的に向上させる次世代工場の構築や、内製・外製の最適化などによって、世界水準でのコスト競争力と原価の低減を追求します。

4. Value Delivery改革

個別化医療エビデンス創出と革新的な顧客エンゲージメントモデルにより高度な価値提供を少数精鋭で実現。

創薬や開発を通じて蓄積された各種データベースや、リアルワールドデータを統合的に解析・活用することで、個別化医療を促進するエビデンス創出を高度化し、患者さんごとに有効性・安全性を的確に予測するバイオマーカーの開発を加速します。

また、デジタルツールの発達や、新型コロナウイルス感染拡大の影響を背景に、製薬企業の顧客タッチポイントのあり方も大きく変容しつつあります。そのような変化も踏まえながら、医療関係者や患者さんが求める情報を、高い専門性を担保しながら的確かつ迅速に届けるため、革新的な顧客エンゲージメントモデルの構築を目指します。具体的には、リアル(対面)・リモート・デジタルの最適活用と、営業・安全性・メディカルの各専門機能の適切な連携によって、顧客に対して価値ある情報を、迅速かつ最適な形で提供できる体制を構築します。

5. 成長基盤改革

イノベーション創出に必要な成長基盤を強化し、バリューチェーンを進化。

各バリューチェーンにおける改革と並行して、イノベーションの創出と成長戦略の実現を支える全社基盤の強化にも、特に下記5つのテーマを重点分野として掲げて取り組んでいきます。

人・組織
2020年より開始した新人事制度の運用を通じて、タレントマネジメントの高度化、適所適財の徹底、そして果敢なチャレンジを推奨する組織風土の醸成を図ります。また、データサイエンティストをはじめとするデジタル人財やサイエンス人財など、戦略遂行上の要となる高度専門人財の獲得・育成・充足に注力します。ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組みも継続し、構造改革にも取り組んでいきます。

デジタル
各バリューチェーンにおけるデジタル化を推進すると共に、ソフト・ハード両面のデジタル基盤の構築に取り組みます。ロシュ・グループとも連携しながら、社内の各種データの統合や解析基盤構築を通じてグローバル水準のIT基盤の確立を目指します。
デジタルトランスフォーメーション推進 「CHUGAI DIGITAL VISION 2030

環境
当社グループのMissionと、事業の経済・社会・環境に及ぼす影響を踏まえて特定した重要課題(マテリアリティ)に取り組みます。「Dow Jones Sustainability Index World(DJSI-World)」選定でも評価されたESG課題へのグループ全体での対応について、引き続きその高度化を図るとともに、環境対策を強化します。
環境における目標と取り組み「中期環境目標2030」

クオリティ
当社グループでは、製品品質はもちろん、薬事対応やビジネス・プロセス全体にわたるクオリティ・マネジメントの高度化に努めてきましたが、今後、多様な技術進化やモダリティへの挑戦に伴う新たな規制への対応、デジタル・コンプライアンスの強化、外部との協業拡大に備えた品質保証体制の整備など、変化するビジネスプロセスを見据えたクオリティ・マネジメント手法の整備・運用を強化します。

インサイトビジネス
創薬、開発、製薬、Value Deliveryの各段階で得られるデータや、リアルワールドデータを含む外部データを集積し、高度な解析を加えることにより、自社の創薬・開発や医薬品の価値最大化に資する様々なインサイトを抽出し活用する取り組みを加速します。Flatiron Health社やFoundation Medicine社、ロシュ・ダイアグノスティックス社等、ロシュ・グループ各社とも協働しながら推進します。

企業価値向上・株主還元の考え方

安定配当の継続を基本に、Core EPS対比の配当性向で「平均して45%を目処」とする方針

中外製薬は、イノベーションに集中し、患者中心の高度で持続可能な医療を実現することにより、持続的に利益を創出し、企業価値向上を図ることを基本的な戦略としています。そして、こうして得た成果は、資本市場での評価獲得と安定した配当を通じて、株主の皆さまに還元していく考えです。
TOP I 2030」では、安定配当の継続を基本に、Core EPS対比の配当性向で「平均して45%を目処」とする方針です。今後も、着実な利益成長を続け、適正な株主還元を行ってまいります。

説明会資料

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

経営方針

トップに戻る