目標と取り組み

中長期的な視点をもって環境目標および健康経営目標を設定し、環境保全活動および安全衛生活動を継続的に推進しています。

中期環境目標2030

中外製薬グループは、マテリアリティとして特定した気候変動対策、循環型資源利用、生物多様性保全の3つの課題について、2030年を最終年とした中期環境目標を設定し、持続可能な地球環境の実現に貢献します。さらに、気候変動対策は世界的に最重要テーマであり、長期的で規模が大きい対策が必要となることから、一部の項目において2050年を最終年とした長期目標も設定しました。

重点課題 項目 KPI(基準年2019年)
気候変動対策
(地球温暖化防止)
Scope 1+2*1
CO2排出量
2025年:40%削減
2030年:60~75%削減
2050年:排出ゼロ
Scope 1+2*1
エネルギー消費量
2025年:5%削減*2
2030年:15%削減*2
サステナブル電力比率 2025年:100%
営業車両総燃料使用量 2025年:35%削減
2030年:75%削減
フロン類使用量 2025年:25%削減
2030年:100%削減
(基準年2020年)
Scope 3*1
CO2排出量
2030年:30%削減
循環型資源利用
(省資源・廃棄物対策)
廃棄物排出量 2025年:5%削減*2
2030年:10%削減*2
プラスチック廃棄物 2025年:5%削減*2
2030年:10%削減*2
水消費量(取水量) 2030年:15%削減*2
生物多様性保全
(環境負荷低減)
有害化学物質使用量
(SVHC*3
2021年以降、開発候補となる全ての自社品は、商用生産までにSVHCリスト化合物を使用しない製造プロセスを構築する
有害廃棄物排出量 2025年:5%削減*2
2030年:10%削減*2
  • *1 Scope 1:直接排出量、Scope 2:エネルギー起源間接排出量、Scope 3Scope1・2以外の間接排出量、2021年に目標を追加
  • *2 延床面積あたり(賃貸物件を除く)
  • *3 高懸念物質(Substances of Very High Concern

環境保全活動計画

中期環境目標達成に向け、項目別に年ごとの目標を定め、その活動結果を評価し、次年度に反映することにより環境・安全活動を継続的に推進しています。

2021年環境保全計画・結果と2022年行動計画 [PDF 232KB]

中期健康経営目標2030

安全衛生活動基本姿勢に基づき安全衛生活動を推進していく中で、健康経営の重点項目として、がん、生活習慣病、メンタルヘルス、ヘルスリテラシー、職場の安全、組織風土の6つを定め、2030年を最終年とした中長期目標を設定し、その実現に向けて活動を展開しています。

中期健康経営目標2030

重点項目 目標 KPI
がん 早期発見
早期治療
両立支援
胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんのがん検診受診率90%以上
再検査受診率95%以上
両立支援制度のマネジメント層認知度100%
生活習慣病 ハイリスク者対策
予備群の悪化抑制
予備群への移行抑制
ハイリスク者1%未満維持
予備群からハイリスク者への移行率1%未満
正常群70%以上
メンタルヘルス 予防・早期発見
復職支援
高ストレス者の面談希望率:受検者の2%以上
安定復職率80%以上維持
ヘルスリテラシー 意識改革
行動変容への勧奨
各事業所での講演会実施率100%
生活習慣病ハイリスク者の再検査未受診率0%
職場の安全 安全衛生リスク低減
意識向上
業務上の重大事故ゼロ
EHS監査計画に対する実施率100%維持
啓発活動を全社、事業所で実施
組織風土 健全な組織の増加
働きがいのある組織風土醸成
ストレスチェック
健康総合リスク120以上組織5%以下
社員を活かす環境:好業績企業レベル

健康経営推進活動の実績

テーマ 実績
がん がん検診受診率:胃がん87%、大腸がん89%、肺がん98%、乳がん90%、子宮頸がん79%
生活習慣病 正常群65%
メンタルヘルス 高ストレス者の面談希望率:受検者の1%
喫煙 喫煙率13.2%
ヘルスリテラシー 事業所講演会実施率:43%
職場の安全 監査実施率100%
  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

健康経営

トップに戻る