労働災害の防止

「従業員の安全の確保は、すべての業務に優先する」という方針のもと、安全の確保と労働災害の防止、健康の保持増進、快適な職場環境の形成に積極的に取り組んでいます。
2020年より、工場・研究所において同一場所での混在作業が発生する委託業者従業員を集計対象範囲に含めました。中外製薬グループの従業員のみならず、協力会社の従業員が安全で健康に働けるよう、安全衛生管理活動を展開しています。

2020年の労働災害の件数は19件でした。そのうち休業件数は3件で、業務上の休業疾病はありませんでした。

労働災害

労働災害の度数率・強度率の推移

  • *1 2020年より、工場・研究所において同一場所での混在作業が発生する委託業者従業員を集計対象範囲に含めています。
  件数(件) 度数率*2
休業 3 0.21
不休業 6 1.12
合計 19 1.33
延休業日数 強度率*3
49 0.003
  • *2 100万延実労働時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表す指標です。
    度数率=労働災害による死傷者数/延実労働時間数×1,000,000
  • *3 1,000延実労働時間当たりの延労働損失日数で、災害の重さの程度を表す指標です。
    強度率=延労働損失日数/延実労働時間数×1,000
  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

健康経営

トップに戻る