健康経営推進

中外製薬グループの従業員の健康づくりに貢献する取り組みをより積極的かつ継続的に行うため、目的、方針、重点項目を定め、中長期の目標を達成することで健康経営を実現していきます。

これまでのこうした取り組みが評価され、「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)~ホワイト500~」*に認定されました。

健康経営優良法人 2021(大規模法人部門)~ホワイト500~ ロゴ

「健康経営優良法人 2021(大規模法人部門)~ホワイト500~」(経済産業省)

目指す姿と方針

目指す姿

従業員の健康保持・増進に会社が積極的に取り組んでおり、従業員が心身ともに元気に働き、同時に、活力ある健全な組織風土が醸成されている。

方針

  • 「個人の健康」と「組織の健康」を同時に追求する
  • 中外製薬グループ各社・労働組合、中外製薬健康保険組合が一体となって推進する

重点項目と目標

重点項目

個人の健康としてがん対策、生活習慣病対策、メンタルヘルス対策、ヘルスリテラシー向上を、組織の健康として職場の安全対策、職場風土改善を掲げ計6つを健康経営の重点項目と定め、その実現に向けて活動を展開しています。重点項目の各項目については2021年、中期経営計画TOP I 2030にあわせ中長期目標を再策定する予定です。

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

健康経営

トップに戻る