取り組み・購買ポリシー・購買倫理規程

公正で透明な関係構築のための取り組み

中外製薬にとって、取引先は欠かすことのできない協力パートナーです。取引先と対等にして公正で透明な関係を構築するため、以下の購買ポリシーや購買倫理規定を定めています。

購買ポリシー

購買活動の適正化とともに取引先との健全な取引関係の構築を目的として中外製薬グループ購買ポリシーを定めています。

中外製薬グループ購買ポリシー

  1. 各国の法令はもとより社会規範等を遵守し、次の原則に沿って適正な購買活動を推進する。
    1. 購入者は会社が認定する取引先と取引する
    2. 購入者は適切に取引先の選定を行う
    3. 購入の決裁者は発注前に発注の妥当性を確認する
    4. 購入者は書面(個別契約)による発注を行う
    5. 購入者は納入物(モノ、サービス)の受入合格後に支払いを行う
    6. 購買機能は上記(1)-(5)をモニタリングする
  2. 国内外の取引先と公平・公正な取引関係を構築する。
  3. 取引先の協力のもと、グリーン調達など購買を通した持続可能な社会への貢献を推進する。
  4. 取引先と協力のもと、高品質の商品・サービスを追求する。
  5. 適正価格の調達によりローコストを推進する。
  6. 取引先との契約上の義務を誠実に履行し、対等な協力関係を築き、相互発展をめざす。
  7. 取引で知り得た機密情報を保護し、取引先との信頼関係を構築する。

購買倫理規程

直接材および間接材における購買活動の適正運用の推進と、サプライヤとの取引関係の健全性の確保・維持を目的として、取引先との関係における不適切な利益の供与や受領の禁止を購買倫理規程に定めています。

物品受贈

金銭・物品の受領は禁止しています。
郵送等で送付された場合は、返却することとしています。また受領の事実を組織長に報告することとしています。
但し、一般的な儀礼の程度でかつ、地域で受け入れられているビジネス上の慣習に従っている場合(手ぬぐい、カレンダー、手帳等)は、許容しています。

儀礼的進物

儀礼的進物(中元・歳暮・祝い金・香典・見舞金等)の受領は禁止しています。
郵送等で送付された場合は、返却することとしています。また受領の事実を組織長に報告することとしています。
但し、祝電及び弔電の受領は可としています。

会食

取引先に対して、会食を要請することは禁止しています。
会食の提供がされる場合、下記の点で問題が無い場合には、会食の提供を受けることが出来るとしています。また受領の事実を組織長に報告することとしています。

  • 相手の意思決定に影響を与えようとしているという印象を回りに与える危険がなく、それが一般的なビジネスの流れに沿ったもので、かつ適切であること。
  • 頻回に行われていないこと。
  • 社会通念に照らして贅沢でなく、会場も適切と思われる場所であること。

遊興招待

遊興招待を受けることは禁止しています。
但し、招待状のある懇親行事で事前に組織長の承認が得られている場合には可としています。当社分費用は当社で負担することとしています。

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

サプライチェーンマネジメント

トップに戻る