ホーム > 会社情報 > 研究・開発 > 研究体制

研究体制

中外製薬は富士御殿場(静岡県御殿場市)、鎌倉(神奈川県鎌倉市)、浮間(東京都北区)の3研究所を国内中核拠点とし、それぞれの機能を有機的に連携して研究開発を進めています。また、ロシュ・グループのネットワークを活用することにより、医薬品研究体制のさまざまな分野でグローバルな展開が進み、有望な新薬候補の早期発見や開発期間の短縮化が可能となっています。

研究拠点

富士御殿場研究所
バイオ医薬の研究開発ネットワークの中核としてゲノム抗体研究を実施するほか、低分子医薬品の研究も行っています。創薬研究では、抗体工学、発生工学、蛋白工学と化学合成研究に基づく骨・関節、腎、血液、免疫関連疾患治療薬の研究を、開発研究では安全性、薬物動態、製剤検討などを行っています。また、製品化された既存品について育薬研究も行っています。

鎌倉研究所
創薬研究では、がん、感染症に特化し、化学合成、蛋白工学と、バイオインフォマティクスに基づく創薬研究や、化合物や天然物のハイスループットスクリーニング、薬物動態研究、および育薬研究を行っています。

浮間研究所
新規開発医薬品の工業化検討および治験薬製造を行っています。具体的には、医薬品開発後期の研究拠点として、医薬品原薬の製造プロセス研究、製品設計(製剤・包装)と製法研究、設備設計と生産技術研究、医薬品の構造・物性解析と品質試験法開発を行っています。

国内外のサテライト研究所

中外製薬では創薬開発の短縮化、革新的研究開発テーマの連続的創出を目的として、国内外でサテライト研究所を設置しています。

未来創薬研究所

がんおよび生活習慣病の治療薬・診断薬の標的分子探索を行う学際的な研究所として、東京大学先端技術研究センター(先端研)との共同研究を積極的に推進しています。遺伝子発現解析情報、メカニズムベースの研究成果やアイデアを創出・検証することで、標的候補分子の迅速かつ系統的な解析・評価を行っています。

中外ファーマボディ・リサーチ(シンガポール)

中外製薬が保有する独自の新規抗体創製技術を活用し、従来にない価値を提供する革新的な抗体医薬品候補を迅速かつ効率的に創製することを目的としています。

C&Cリサーチラボラトリーズ(韓国)

標的探索研究に加え、柔軟性に富んだ合成化学機能を軸として創薬研究を行っています。