ホーム > 株主・投資家の皆さま > 経営方針 > 情報開示方針

情報開示方針

中外製薬は、株主、投資家、医療消費者・患者、医療従事者および社員等すべてのステークホルダーとの間で相互理解を深め、信頼関係を構築するため、双方向コミュニケーションの確立を目的としたコーポレート・コミュニケーション活動を行います。
中外製薬はその目的達成のため、すべてのステークホルダーに対して、企業活動情報を明瞭かつ公平、継続的に発信します。
中外製薬は上記の基本方針に基づいて、株主、投資家または証券アナリストなどの資本市場参加者に対する情報開示活動を次のとおり実施します。

1. 資本市場参加者への情報開示に関する方針

株主、投資家などすべての資本市場参加者に対して公平に当社情報が開示されることにより、資本市場から正当な評価を得ることを目的に、証券取引法等の関係法令および上場証券取引所規則に則した、適時・適切かつ公平な情報開示活動を行います。また、透明性確保の一環として、開示情報への容易なアクセスを可能とする体制整備に努めます。

2. 開示すべき情報とその取扱い

  • (1)証券取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)により開示が要請される重要情報は、適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示します。
  • (2)上記以外の情報についても、投資判断に影響を与えると思われる情報は、その重要度および緊急性に応じてプレスリリースの配信、記者会見および説明会などを通じ速やかに開示します。
  • (3)なお(1)および(2)に従って開示された情報は、開示後速やかに中外製薬ホームページに掲載します。
  • (4)また、資本市場参加者の便宜を図るため、開示情報(人事情報を除く)は日本語と併せ、その英訳の開示に努めます。ただし、英訳が日本語と異なる場合は、日本語による開示情報を優先することとします。

3. 将来予測に関する開示について

中外製薬が開示する将来予測に関する情報(ホームページ掲載内容を含む)には、作成時点における計画や予想および戦略について、一定のリスクや不確実性が含まれる場合があります。

4. 第三者による業績予想および市場の噂や憶測への対応

中外製薬は、中外製薬に関する第三者による評価、業績予測、または風評などに関しては原則としてコメントしません。しかし、これらが資本市場に大きな影響を与える、あるいは与える可能性が大きいと中外製薬が判断した場合、また、上場証券取引所その他の機関から説明など必要な対応を求められた場合はこの限りではありません。

5. 沈黙期間

決算日の翌営業日から決算発表日までを「沈黙期間」とし、市場参加者からの決算に関連する質問・取材については、対応を控えさせていただきます。但し、決算に関連しない質問・取材については、決算発表日の2週間前まで対応いたします。

6. 情報開示に関する社内体制

中外製薬は、IR委員会を設置し、情報開示方針の策定、改編、方針の社内浸透、関連情報収集・開示活動などの管理・推進をします。

7. その他

中外製薬ホームページ上での会社情報の検索に際しては、本「中外製薬の会社情報の資本市場参加者に対する開示方針」のみではなく、別途掲載している免責条項も合わせてご参照ください。

2007年3月