中外製薬が貢献するSDGs

共有価値創造とサステナビリティ推進

2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)では、貧困や飢餓、健康や教育、気候変動、エネルギーの持続性、さらには働きがいや経済成長まで幅広く経済、社会、環境の持続可能で多様性と包摂性のある社会実現のための、2030年をターゲットにした17の目標を設定しています。

これら地球環境と国際社会のサステナビリティを確保するための社会課題には、あらゆる国や組織が取り組むべきであり、中外製薬グループもステークホルダーと価値を共有しながら、事業活動のすべての場面で社会課題への貢献を考慮していくべきだと考えています。

そのため、中外製薬では、重要課題(マテリアリティ)の設定にあたり、SDGsの開発目標に対する検証も加え、「中外製薬として果たすべきこと」「中外製薬の事業領域を踏まえると優先度を下げること」などを精査しました。最も注力する開発目標は「3 すべての人に健康と福祉を」ですが、事業活動のさまざまな場面では社会課題に対応できる機会が多くあります。また、ほかのステークホルダーとの協働で取り組むことで大きな貢献が果たせるものも少なくありません。

中外製薬は、今後もSDGsの開発目標を踏まえながら、重点的・積極的な取り組みに集中していきます。

中外製薬が主に取り組む開発目標

17目標の中で中外製薬グループのミッションに直結する目標3を最重点目標とし、それを実現するために必要な4目標、事業活動の基盤となる6目標を事業との関わりの深さで示しています。

具体的事例

3 全ての人に健康と福祉を

患者さんを中心とした治癒/疾患コントロールを目指した革新的新薬の創製とソリューションの提供を行います。また、共同研究などにより、デングウイルスに対する新たな抗体医薬品の開発などの顧みられない熱帯病に対する治療薬の創製を行うとともに、持続可能な保健医療システムの構築および医薬品へのアクセス向上に貢献します。

<具体的な取り組み>
革新的な医薬品とサービスの創出/患者ソリューション提供/グローバルヘルスへの貢献
8 働きがいも 経済成長も

イノベーションを支える高度かつ多様な人財の獲得と従業員のスキル育成に取り組むとともに、働く環境の整備に努めることにより、従業員が働きがいと安心を感じて業務に取り組める環境を提供しています。また、あらゆるサプライヤーに対しても、EHS(環境・安全衛生)に配慮した事業活動を求めています。

<具体的な取り組み>
労働安全衛生の向上/タレントマネジメントの推進/ワークライフシナジーの推進/サプライチェーンマネジメント
9 産業と技術革新の基盤をつくろう

研究開発への積極的な投資およびアカデミアとの産学共同研究を通じたオープンイノベーション・ネットワークの構築によるヘルスケア分野でのイノベーションの支援および推進を行っています。

<具体的な取り組み>
革新的な医薬品とサービスの創出/個別化医療への取り組み/アカデミアなどとのオープンイノベーション・ネットワークの構築
12 つくる責任 つかう責任

ヘルスケア産業において、情報を含めた製品の高い水準での品質確保および安定供給に取り組んでいます。また、バリューチェーンにおける水の使用および環境マネジメントなどを含めた自然資源の再利用・持続性に努めています。

<具体的な取り組み>
安定供給と安定在庫の確保/品質保証の強化/循環型資源利用/環境マネジメント/取扱物質による曝露防止のリスクアセスメント実施
17 パートナーシップで目標を達成しよう

社会課題の解決にあたっては、研究機関や行政、NGOなどをはじめとした各専門機関と連携して取り組みを進めています。また、ステークホルダーの皆さまに情報を開示するとともに、対話を通じて企業活動に対する適切な理解促進を図っています。

<具体的な取り組み>
オープンイノベーション・ネットワークの構築/ステークホルダー対話戦略/グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)への参画/アクセス・アクセレレイテッド(AA)への参画
5 ジェンダー平等を実現しよう

性別にかかわらず多様な人財が能力を発揮できる職場風土の醸成に向けて、女性活躍推進の向上に努め、女性の管理職候補の育成と次世代リーダー層の拡充を図ります。また、女性の継続的なキャリア形成実現のため、社員の仕事と生活の両立に向けて就業環境の整備を進めます。

<具体的な取り組み>
ダイバーシティ&インクルージョンの推進/ワークライフシナジーの推進/女性管理職比率向上
6 安全な水とトイレを世界中に

水の使用量・排出量のモニタリングを行い、水資源の有効活用を啓発しています。水環境保全のため、すべての工場・研究所において全排水毒性(WET)試験を実施して環境生物への影響を確認し、排水規制遵守にとどまらない多面的な排水管理を行っています。

<具体的な取り組み>
水の使用量・排出量のモニタリング/排水管理/高度排水処理技術の導入
10 人や国の不平等をなくそう

個々の能力を十分に発揮でき、互いの価値観を認め、多様性を尊重する職場の実現を目指します。また、サプライチェーン全体の人権デューデリジェンスを実施し、ビジネスパートナーに対しても法令等の遵守や人権尊重を求めていきます。

<具体的な取り組み>
行動規準の遵守/人権方針の策定/サプライチェーンマネジメント
13 気候変動に具体的な対策を

エネルギー消費量を削減すると同時に、気候変動対策の要である温室効果ガス排出量の抑制を全事業所で進めています。また、環境汚染予防としてはオゾン層破壊防止を目的とした特定フロン全廃に向けた使用量削減や、その他の環境汚染物質の排出抑制・漏えい防止にも取り組んでいます。

<具体的な取り組み>
省エネルギー対策の推進/再生可能エネルギー利用推進/温室効果ガス削減/フロン類使用の削減/環境マネジメントシステムの継続的改善
15 陸の豊かさも守ろう

生物多様性保全の観点から、すべての工場・研究所において全排水毒性(WET)試験を実施し、事業所排水が地域生態系に影響していないことを確認しています。また、産業廃棄物の再資源化促進による最終処分量の削減および無害化処理の徹底により、土地劣化の防止に努めています。

<具体的な取り組み>
排水管理/産業廃棄物の再資源化/最終処分量の削減/無害化処理の徹底
16 平和と公正をすべての人に

リスクマネジメントやコンプライアンス推進に取り組むとともに、ビジネスパートナーに対しても法令等の遵守や人権尊重を求め、贈収賄防止を含む責任あるサプライチェーンを構築します。

<具体的な取り組み>
行動規準の策定/贈収賄防止/リスクマネジメント/サプライチェーンマネジメント
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする

サステナビリティと経営戦略

トップに戻る