環境安全衛生ポリシー・基本姿勢

中外製薬グループでは、環境保全と従業員の安全衛生は、世界の医療と人々の健康への貢献というミッション実現を支える重要な基盤ととらえています。

環境保全と安全衛生は密接につながっていることから、これらを効率よく推進するために、環境、安全、健康・衛生の統合管理が世界的に求められるようになり、中外製薬においても一体的なマネジメント体制を構築いたしました。統合マネジメントシステムを導入するとともに、各基本規程を定め、事業所ごとに環境保全および安全衛生活動のPDCAサイクルを回すことで、社会と企業の長期持続可能な発展を目指しています。

環境安全衛生ポリシー

本ポリシーは、中外製薬グループ(中外製薬株式会社および国内外の⼦会社)の環境安全衛生(以下、EHS(Environment, Health and Safety)という)に関する基本方針を定め、地球の環境を保全し従業員の安全衛生を確保した企業活動を行うことを目的として定める。

法令等の遵守

中外製薬グループのすべての役員および従業員(以下、「従業員等」という)は、EHS活動*1に関する国内外の法令、国際的な取り決めおよび自主基準を遵守する。

EHS活動の推進

EHSマネジメントシステムのもとで、従業員等自らが継続的にEHS活動を推進する。

教育・訓練の実施

中外製薬グループ各社は教育・訓練を継続的に実施し、従業員の地球の環境保全および安全衛生に関する知識や理解を深める。

情報の公開

中外製薬グループ各社はEHS活動に関する情報公開を積極的に行うと共に、地域社会とのコミュニケーションに努める。

  • *1 医薬品の研究開発から製造・輸送・販売・廃棄までの全過程において気候変動の抑制、資源や廃棄物の削減、環境汚染の予防、⽣物多様性の維持など地球環境への影響を最小限に抑制するための取り組みと、すべての業務に優先する安全の確保、従業員の健康の保持増進および快適な職場環境の形成などへの取り組みのこと

(2017年1月1日施行)

環境保全活動基本姿勢

中外製薬グループは、独自に定めた環境安全衛生ポリシーに基づき、中外製薬グループ コード・オブ・コンダクトで掲げる地球環境保全への貢献を目指し、地球環境への影響を最小限に抑制する取り組みを主体的に行っています。環境法令遵守はもとより、抗体や高薬理活性物質を取り扱うといった、中外製薬グループ特有の状況を踏まえた自律的な活動を進め、社会課題解決に貢献していきます。

安全衛生活動基本姿勢

中外製薬グループは、従業員の健康は重要な財産であるという認識のもと、健康保持・増進、安全な職場環境づくりといった健康経営推進活動に取り組んできました。今後もその取り組みを高い意識をもって進めていくことを社内外に表明するため、2017年12月にグループとしての健康宣言を発信しました。従業員の健康づくりに貢献する取り組みを会社が積極的に行い、健康経営を実現していきます。

中外製薬グループの健康宣言

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

環境

トップに戻る