D&Iの目指す姿と実績

中外製薬は「すべての革新は患者さんのために」という事業哲学のもと、ロシュと協働し「独自のサイエンス力と技術力を核として、患者中心の高度で持続可能な医療を実現する、ヘルスケア産業のトップイノベーター」を目指しています。その中で「ダイバーシティ&インクルージョンの推進」を経営の重要課題の一つと位置づけています。

目指す姿

多様な人財がいきいきと働きながら新しい価値を生み出す、すなわち、ダイバーシティ&インクルージョンはイノベーションには欠かせないものと考えています。これまで取り組んできたジェンダー、ナショナリティ、シニアのテーマに加え、一人ひとりの多様性にフォーカスを当てた「インクルージョンの実践」に取り組んでいきます。異なる考え方やアイデアを尊重し合いながら多様な人財が活躍し、イノベーションを追求するインクルーシブな組織文化を醸成することで、イノベーションの促進を目指していきます。

推進に向けたD&Iロードマップ

実績

「なでしこ銘柄」に選定

経済産業省と東京証券取引所より、2021年に「なでしこ銘柄」に選定されました。今回の選定は、2015年から2018年まで4年連続での選定に続くものとなります。「なでしこ銘柄」は、女性活躍推進に優れた上場企業を、「中長期の企業価値向上」を重視する魅力ある銘柄として選定することにより、企業の女性活躍への取り組みに対する投資家の注目を高め、上場企業各社の取り組みを一層加速化していくことを狙いとして、2012年度から、経済産業省、東京証券取引所と共同で実施しているものです。

なでしこ銘柄 ロゴ

「新・ダイバーシティ経営企業100選」受賞

2018年3月、「ダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業」を表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を受賞しました。女性、高齢者、外国人等の多様な人財の能力を活かして、経営成果を上げている企業を評価し、表彰されるものです。

新・ダイバーシティ経営企業100選 ロゴ

厚生労働省 平成26年度「均等・両立推進企業表彰」において2つの賞を受賞

厚生労働省が主催する平成26年度「均等・両立推進企業表彰」において「均等推進企業部門厚生労働大臣優良賞」および「ファミリー・フレンドリー企業部門 東京労働局長優良賞」を受賞しました。
この表彰は、「女性労働者の能力発揮の促進」および「仕事と育児・介護との両立支援」について、他の模範となる取り組みを推進している企業を表彰するものです。この2つの賞を同時受賞したことは、当社のこれまでの取り組みが評価されたものと考えています。

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

人財・ダイバーシティ&インクルージョン

トップに戻る