動物による研究に関するポリシー

中外製薬では「革新的な医薬品とサービスの提供を通じて新しい価値を創造し、世界の医療と人々の健康に貢献する」ことを企業理念に掲げ、革新的な医薬品の開発を進めています。

医薬品の開発に際して、ヒトでの臨床試験を行い有効性・安全性を確認する必要がありますが、世界の規制当局は臨床試験を進める前に動物による研究から得られた有効性・安全性データを要求しています。また、現在の科学レベルでは、ヒトや動物の生体反応を生体を用いずに模倣することは不可能であり、有効かつ安全な医薬品提供のためには動物による研究が必要です。

中外製薬では、動物を取り扱う際には、以下の3Rの原則を満たすように努めています。

Replacement(動物の代替)

動物を用いない、代替的な実験方法への置換え

医薬品候補化合物の選択において、コンピュータ上でのシミュレーションや細胞を用いる等、動物を使用しない方法を取り入れることにより薬効や安全性を評価しています。

Reduction(動物数の削減)

使用する動物数を必要最小限となるように削減

複数の開発候補品を混合して動物に投与することにより、これまで個々の候補品ごとに行っていた薬物動態試験での動物使用数を大幅に削減しています。

Refinement(苦痛の軽減)

可能な限り動物に苦痛を与えない配慮

動物に対してより快適な飼育環境を提供するため、玩具や巣材の使用、獣医学的ケアの継続的向上を推進しています。

CHUGAI 3Rs ロゴ

中外製薬では動物の管理および使用に関する国内の法令やガイドラインを遵守するとともに、実験動物委員会(IACUC)を設置し、3Rの原則の遵守状況の確認・評価・監視、実験計画書の審査および承認、動物の管理および使用に従事する担当者への教育訓練を行っています。

実験動物の飼育と使用に関する規程 [PDF 308KB]

このような当社の取り組みが、世界的な第三者評価機関である国際実験動物ケア評価認証協会(AAALAC International)により評価され、2007年以降継続して認証を取得しており、今後も認証取得を維持していきます。

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

倫理・コンプライアンス

トップに戻る