医薬品の信頼性を高めるために

中外製薬グループは、高品質の医薬品と、患者さん・医療関係者の皆さまが医薬品を適正使用されるための質の高い情報を、適時、的確に提供するよう努めています。

医薬信頼性保証ポリシー

医薬品の信頼性保証に対する基本的な考え方は、「医薬信頼性保証ポリシー」に定めています。「医薬信頼性保証ポリシー」では、信頼性を確保する観点として4つの質(4つのクオリティ)を追求しています。

  1. 医薬品の質
  2. 医薬品情報の質
  3. 業務プロセスの質
  4. 適切な人財

質の高い医薬品と医薬品情報を提供するためには、それらを生み出す業務のプロセスの質や、実際に業務にあたる適切な人財が確保されていることが大切だと考えています。

製品のライフサイクルにおける信頼性保証体系

有効性・安全性に優れた医薬品を患者さん・医療関係者の皆さまに提供するために、研究開発から承認申請、製造販売、承認整理に至る、製品のライフサイクル全般にわたって、信頼性を確保するための取り組みを継続的に行っています。

製品のライフサイクルにおける信頼性保証体系

製品のライフサイクルにおける信頼性保証体系を示した図

クオリティカルチャー醸成活動

高品質の製品を継続的に提供するためには、自らがプロセスやルールを改善しクオリティを追求する組織風土が大切だと考え、クオリティカルチャー醸成活動を実施しています。自分たちにとってのクオリティとは何かを考え、それを高めるためには何が大事なのか、一人ひとりが考えて主体的に行動できるよう、対話を通じた啓発活動を続けています。

Quality意識が醸成された状態とは

Quality意識が醸成された状態とは【意識・心構え】・常に患者さんを第一優先に考えている・決められた手順に従うだけではなく、常に”なぜ”を考え、行動している・Qualityに関心を持ち、自律的に継続的改善に取り組んでいる【コミュニケーション】・組織・階層にとらわれず、必要な情報が必要な人に伝わる・遠慮や恐れなく問題を提言できている・過去の失敗や教訓が伝承されている【従業員の参画】全従業員が・Qualityに対して当事者意識を持って関わっている・共通の品質目標に向けて一致団結している【リーダーシップ】経営陣/マネジメントが・Qualityはコストやスピードに優先することを理解し、目指す姿や品質目標を明確に示している・自らが率先して目指す姿の模範を示している・Qualityを高める判断や行動を正しく評価して支援している

メディカルインフォメーション部によるお問合せへの対応

近年の科学技術の進歩に伴い、多くの革新的な医薬品や治療法が開発されていますが、その一方で、治療は高度化、複雑化し、適正な患者さんに適正な時期に適正な治療が提供されることが求められています。これらの実現には、医療関係者のみならず、患者さん自身が主体的に治療にかかわることが重要とされ、製薬企業には医薬品を適切に使用いただくため、品質、有効性、安全性についてより詳しい情報が、分かりやすく提供されることが求められています。

中外製薬のメディカルインフォメーション部では、患者さんやそのご家族、医療関係者向けに電話やインターネットからの問合せ窓口を設けています。加えて、医療関係者向けウェブサイトではFAQの充実化を図るとともに、MI chat(chatbot)による問合せ対応を開始し、多岐にわたるチャネルを通してお問合せを受け付けています。ロシュグループの一員としての利点を活かし、専門性の高い、グローバルで一貫した情報をお届けしています。

2019年のお問合せ件数は約4万6,000件で、成熟品承継やチャネルの拡大の影響などもあり前年から約1万件減少しています。そのうち約77%は病院薬剤師または保険薬局の方々からによるもので、前年までと同様の比率でした。薬効群別では、抗インフルエンザウイルス剤が全件数の21%を占めたほか、抗悪性腫瘍剤、骨粗鬆症治療剤、ヒト化抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体製剤、持続型赤血球造血刺激因子製剤などに関するお問合せを多くいただきました。

今後とも、「患者さん志向」を基本理念とし、さらなる顧客満足度向上と、患者さん、医療現場の声を製品改良・情報の充実につなげ、患者さんと医療に貢献し続けるべく、組織が一丸となって取り組んでいきます。

お問合せ件数の推移

お問合せの件数の推移を示したグラフ 2019年 46,056件

お問合せの領域別割合

お問合せの領域別割合のグラフ がん28.0%、骨・関節・リウマチ32.0%、腎・循環器・感染症12.0%、インフルエンザ治療薬21.0%、その他7.0%
  • * 抗インフルエンザウイルス剤を除く主要領域における割合
  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

患者さん中心の持続可能な医療

トップに戻る