他社との比較でわかる中外製薬

国内医療用医薬品売上高(薬価ベース)

中外製薬は、継続的な国内売上高の成長により国内第5位に(2017年度本決算)

  • ロシュとの戦略的提携により、画期的なロシュ導入品を効率的に国内で独占販売できることから、安定的な収益基盤を構築しています
  • 近年は、自社創製品のアクテムラ、アレセンサが国内外で順調に伸長しており、売上収益増加の主要因となっています

売上高経費率

中外製薬の経費率は、国内の同業他社と比較して低い水準を継続的に維持

  • ロシュからの導入品増加による売上原価率の上昇を見据え、コスト削減施策の徹底により、世界の大手製薬企業と比較しても遜色ない経費率を実現しています
  • 基本方針として、経費の伸び率を売上収益の伸び率の範囲内に抑えるようにしています

売上高営業利益率

中外製薬の営業利益率は、低水準の経費率も寄与し、一貫して高い水準を維持

  • ロシュ導入品を国内で販売する一方、ロシュへの導出により、原価率の低い自社創製品をグローバル市場に展開し、成長を牽引する収益基盤とすることができます
  • 今後は、自社創製品の順調な伸長による売上原価率の改善も期待されます
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする

個人投資家の皆さまへ

トップに戻る