2016年リレー・フォー・ライフ・ジャパンに参加しました

がん経験者やその家族たちを支援するイベントに参加し疾患啓発活動を実施しました

がんと闘うための絆を育む啓発サポートキャンペーン「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」(RFLJ)はがん患者さんや家族・支援者たちがチームをつくり、交代で24時間歩き続けるイベントで、2016年は記念すべき10周年となり全国50カ所で行われました。
2007年以来、ボランティア参加が10年目となる中外製薬は、各地で「チーム中外」を結成し、全国29カ所で639名が参加しました。バーチャルリアリティー「体験3Dアドベンチャー(肺がん編)」による疾患啓発活動を26会場で1,515名の方に参加いただきました。

体験者は「チーム中外」のメンバ-から内容の説明を受けながらビューアーをのぞき、「喫煙の有無にかかわらず、がん検診に行った方がよい人」を映像から探しながら、明るく楽しく肺がんについての早期発見早期治療の大切さを理解していただきました。

  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る