環境保全活動に参加

里山の環境を守るために

中外製薬は2010年より、東京都が主催する「東京グリーンシップ・アクション」(注)に参加しています。2013年11月16日に、東豊田緑地区保全地域(東京・日野市黒川清流公園内)で、他の企業、NPOの方々とともに、ササ刈りや雑木の間伐を行いました。

普段はあまり使う機会のない草刈り鎌やのこぎりを使い、うっそうと茂った下草(アズマネザサ)を刈ったり、込み合っている雑木などを伐採するなど、日頃経験できない作業を体験しました。作業前には鬱蒼と茂っていたササが作業後はすっかり刈り取られ、見違えるようになり参加者一同満足感を得ました。

このような除草、間伐作業を継続的に行うことにより、林に日光が入り、多様な植物が育つ豊かな植生になっていきます。また、午後には保全地域内の自然観察や工作を行うグループに分かれ、工作グループに参加した子どもたちは、落ち葉を使った染物や竹鉄砲づくりに取り組みました。

  • (注)企業、NPOと東京都が連携して都内の緑地保全地域で行う自然環境保全活動。

間伐作業

落ち葉を使った染物作り

参加者
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る