在宅福祉移送サービスカー寄贈に対し厚生労働大臣感謝状

東日本大震災被災者支援に対して

中外製薬が社会貢献活動の一環として取り組んでいる「在宅福祉移送サービスカー」の寄贈事業に対し、この度、東日本大震災における被災者の支援活動として厚生労働大臣から感謝状を受領いたしました。

この事業は、在宅で介護を受けるご高齢の方やお体の不自由な方の移動手段として、1985年に中外製薬創立60周年記念事業の一環として開始して以来28年継続しており、2012年末までの累計寄贈台数は193台となりました。本事業は全国社会福祉協議会・中央共同募金会の協力を得て実施しており、寄贈先は全都道府県にわたっています。

今回の感謝状は、2011年と2012年に、特に東日本大震災被災県のニーズの高さを考慮して推薦された以下6団体への「在宅福祉移送サービスカー」寄贈に対するものです。

<2011年寄贈先>

  • 福島県 社会福祉法人大熊町社会福祉協議会

<2012年寄贈先>

  • 青森県 社会福祉法人青森市社会福祉協議会
  • 岩手県 社会福祉法人二戸市社会福祉協議会
  • 宮城県 社会福祉法人南三陸町社会福祉協議会
  • 福島県 社会福祉法人友愛会 光洋愛成園
  • 茨城県 社会福祉法人龍ケ崎市社会福祉協議会

中外製薬は、今後も東日本大震災被災地の復旧・復興に向けた支援活動に取り組んでまいります。

  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る