財団法人 骨髄移植推進財団より感謝状を授与

いのちのボランティアを応援

2011年12月17日、「骨髄バンク20周年記念全国大会」が開催され、財団法人 骨髄移植推進財団より中外製薬に対して感謝状が贈呈されました。

当社は、1991年に骨髄移植推進財団が設立されて以来、その主体事業である骨髄バンクをさまざまな形で支援してきました。とりわけ、白血病などの血液難病の患者さんの支援と救済を目的として、世界的なテノール歌手であるホセ・カレーラス氏によるチャリティ・コンサートを1993年の第1回目から2011年の第8回目まで支援しており、長年にわたる当社のこのような活動などが評価され、今回の感謝状授与に至りました。全国大会当日は、当社より永山社長が出席し、骨髄移植推進財団 正岡徹理事長より感謝状を授与されました。

永山社長は、全国骨髄バンク推進連絡協議会会長を務められる歌舞伎俳優の市川團十郎氏とともに、支援企業を代表して骨髄移植推進財団設立20周年の祝辞を述べ、さらに、当社が「世界の医療と人々の健康に貢献する」という存在意義に基づき、今後とも革新的な医薬品とサービスの提供をしていくとともに、社会貢献活動に尽力していくことを語りました。

財団法人 骨髄移植推進財団からの感謝状

祝辞を述べる永山社長
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る