ホーム > CSR情報 > ステークホルダーとの関わり > 取引先の皆さまへ

取引先の皆さまへ

対等にして公正で透明な関係を築き、いっそうの連帯を深めていきます。

公正で透明な関係構築のための取り組み

中外製薬にとって、取引先は欠くべからざる協力パートナーであり、対等にして公正で透明な関係を構築するために、日々さまざまな取り組みを推進しています。
2005年に導入した、公正で透明な取引関係を築く最適手段である電子購買システムについては、健全な競争原理が働くよう、各間接材の購買プロセスの標準化・適正化に継続して取り組んできており、2011年には再構築しています。

購買ポリシー

購買活動の適正化と共に取引先との健全な取引関係の構築を目的として中外製薬グループ購買ポリシーを定めています。

中外製薬グループ購買ポリシー

  1. 各国の法令はもとより社会規範等を遵守し、適正な購買活動を行う。
  2. 国内外の取引先と公平・公正な取引関係を構築する。
  3. 取引先の協力のもと、グリーン調達の推進により地球環境に配慮する。
  4. 取引先と協力のもと、高品質の商品・サービスを追求する。
  5. 適正価格の調達によりローコストを推進する。
  6. 取引先との契約上の義務を誠実に履行し、対等な協力関係を築き、相互発展をめざす。
  7. 取引で知り得た機密情報を保護し、取引先との信頼関係を構築する。
  8. 取引先の選定にあたっては、品質、価格、納期、付帯情報、安定供給および社会的責任への配慮等の観点から、客観的かつ総合的に評価して決定する。

購買倫理規程

購買倫理規程は、取引先との健全な取引関係の構築・継続を目的に、購買に関与している法人・個人のすべてに倫理的行動の原則を示しています。例えば、物品の贈与や会食・遊興招待について「取るべき行動」を具体的に定めています。

物品贈与

物品の贈与などについては辞退するとともに、贈与の申入れの事実を所属する組織長に報告し、送品された場合には、挨拶状を添えて返送するものとしています。
なお、一般に配布されている宣伝用物品(手ぬぐい、カレンダー、手帳など)については、社会通念の範囲において受贈を許容しています。

会食・遊興招待

会食・遊興招待は辞退するとともに、その事実を所属する組織長に報告することとしています。

わたしたちの取り組み

中外製薬は購買活動の経験則のもとに、商材特性や取引形態の特徴に合致した商材ごとの購買プロセスにのっとり、コンプライアンス、業務効率化、購買コスト削減の3要素のバランスのとれた購買活動を推進してきました。
さらに、社内外を問わず購買活動にかかわる方々とのコミュニケーションを積極的に図ることで、課題発見および業務改善に努め、主要な商材について調達戦略を定めました。
今後も、コンプライアンス、業務効率化、購買コスト削減のバランスのとれた三位一体の購買活動を目指して、さらなる努力を続けていきます。

  • 本文を印刷する
  • View in English