ホーム > CSR情報 > ステークホルダーとの関わり > 患者・消費者の皆さまへ

患者・消費者の皆さまへ

科学的根拠に基づいた革新的な医薬品の開発と安定供給に努めています。

医薬品の信頼性を高める活動

グローバル水準の医薬信頼性保証体系

中外製薬では、有効性および安全性に優れた高い品質の医薬品を世界の医療現場に提供するとともに、医薬品の適正使用に有用な質の高い情報の適時、的確な提供に努めています。
信頼性保証に対する基本的な考え方は「医薬信頼性保証ポリシー」に、またその体系については「医薬品のライフサイクルにおける信頼性保証体系」として制定しています。当ポリシーおよび体系は、中外製薬の存在意義、価値観、目指す姿をうたった「ミッションステートメント」と、行動規準である「中外ビジネス・コンダクト・ガイドライン(中外BCG)」に基づくものと位置づけています。

医薬信頼性保証体系

医薬信頼性保証ポリシー

信頼性を確保する観点として以下の4点を具体的に明示し、医薬品のライフサイクルを通した信頼性確保をより確実なものにすることを目指しています。

  • (1)医薬品の質の確保
  • (2)医薬品情報の質の確保
  • (3)業務プロセスにおける質の確保
  • (4)適切な人財の確保

医薬信頼性保証ポリシーのもとで、医薬品の信頼性をグローバルで保証するための活動を行っています。

メディカルインフォメーション部によるお問合せへの対応

近年の科学技術の進歩に伴い、多くの革新的な医薬品や治療法が開発されていますが、その一方で、治療は高度化、複雑化し、適正な患者さんに適正な時期に適正な治療が提供されることが求められています。これらの実現には、医療従事者のみならず、患者さん自身が主体的に治療にかかわることが重要とされ、製薬企業には医薬品を適切に使用いただくため、品質、有効性、安全性についてより詳しい情報が、分かりやすく提供されることが求められています。
中外製薬のメディカルインフォメーション部では、患者さんやそのご家族、医療従事者からの電話やホームページ、Eメールなど多岐にわたる媒体を通してお問合せを受け付け、ロシュグループの一員としての利点を活かし、専門性の高い、グローバルで一貫した最新、最適な情報をお届けしています。
2016年のお問合せ件数は前年同様に約6万件で、その約75%は病院薬剤師または保険薬局の薬剤師の方々からによるものでした。薬効群別では、抗インフルエンザウイルス剤が全件数の約18%を占めたほか、抗悪性腫瘍剤、骨粗鬆症治療剤、ヒト化抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体製剤、持続型赤血球造血刺激因子製剤などに関するお問合せを多くいただきました。
今後とも、「患者さん志向」を基本理念とし、さらなる顧客満足度向上と、患者さん、医療現場の声を製品改良・情報の充実につなげ、患者さんと医療に貢献し続けるべく、組織が一丸となって取り組んでいきます。

お問合せ件数の推移

* 東日本大震災など外部要因による影響で件数が大きく変動した年もありました

お問合せの領域別割合(2016年)

* 抗インフルエンザウイルス剤を除く主要領域における割合

患者さん中心の医療への貢献

患者さんへの支援活動


従業員がボランティアとして参加した
「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」(RFLJ)

リレー・フォー・ライフ・ジャパン

がんと闘うための絆を育む啓発サポートキャンペーン「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」(RFLJ)はがん患者さんや家族・支援者たちがチームをつくり、交代で24時間歩き続けるイベントで、2016年は記念すべき10周年となり全国50カ所で行われました。2007年以来、ボランティア参加が10年目となる中外製薬は、各地で「チーム中外」を結成し、全国29カ所で639名が参加しました。バーチャルリアリティー「体験3Dアドベンチャー(肺がん編)」による疾患啓発活動を26会場で1,515名の方に参加いただきました。体験者は「チーム中外」のメンバ-から内容の説明を受けながらビューアーをのぞき、「喫煙の有無にかかわらず、がん検診に行った方がよい人」を映像から探しながら、明るく楽しく肺がんについての早期発見早期治療の大切さを理解していただきました。

希少な難病・小児リンパ管腫に苦しむ患者さんを支援

中外製薬では、「NPO法人荻田修平基金」(http://www.fund-ogita.org/japanese/jtop.htm)に協力して、「リンパ管腫*1」という希少な難病に苦しむ海外の子どもたちへリンパ管腫治療剤を26年にわたり無償提供しています。当社がこれまで薬剤を提供した国は80ヵ国以上になりました。

*1 リンパ管の異常により体の一部にリンパ液がたまる疾患で、多くの場合、出生時に見つかる。がんと異なり良性だが、小児の発育を障害し、ときにはこのこぶが気道を圧迫して生命の危機をもたらすこともあるまれな難病

中外Oncology学術振興会議が「国際フォーラム2016」を開催


CHAAOのイベント「国際フォーラム2016」

一般社団法人中外Oncology学術振興会議(CHAAO)*2の最大のイベントである「国際フォーラム2016」が2016年7月に東京で開催されました。7回目となる今回は、「Dynamisms in Innovations for Precision Medicine and Novel Approaches for Cancer Therapy」をテーマに、世界のオンコロジー領域の第一線で活躍されているオピニオンリーダー13名の先生方から最先端のご講演をしていただき、講演後には白熱したディスカッションが展開されました。今年のトピックスは、Precision medicineに向けたがん患者のゲノム・遺伝子解析の最前線、次世代の治療戦略として注目されるエピジェネティクスやDNA修復機構そしてマイクロRNA、薬剤耐性を含めた分子標的創薬、がんの転移のメカニズム、さらには3次元がんオルガノイドモデルなど幅広い先端研究の話題を取り上げました。参加された日本の先生方からは「非常にinformativeで有意義」であったと高い評価をいただきました。発足7年を経過したCHAAOは、国際フォーラムを核に、世界のがん研究や治療のトピックスに焦点を当てたフォーカスシンポジウムの共催、将来的ながん研究・治療にもつながる基礎研究領域の学会・研究会の支援、さらには日本癌学会におけるJCA-CHAAO賞の創設など、着実に活動を推進してきました。


がん患者会会議「FFJCP」

また、がん患者団体の健全かつ革新的なアドボカシー活動*3を支援し、「患者さん中心の医療」の実現に向けて、2013年よりがん患者団体への活動支援を行っております。2016年1月、第2回となる「がん患者会会議(Forum for Japan Cancer Patients:FFJCP」」を東京で開催いたしました。会議には国内より49団体、90名が参加しお互いの活動を知り交流を深めました。加えて、米国より2名を招聘し、「マサチューセッツ州における患者中心医療“PATIENT AND FAMILY ADVISORY COUNCIL (PFAC) *4”について」ならびに「医薬品開発における患者参画」に関する講演をしていただき、活発な討議がなされました。また、3月にはコペンハーゲンで開催された世界の患者団体の代表者約200名が集まって治療の経験を情報交換する国際会議「International Experience Exchange for Patient Organizations (IEEPO)」*5に、今年も日本から7名の患者会の代表の方に参加いただきました。これらの活動を通じ、今後も「日本のがん医療を世界水準へ」を目標に、がん治療の向上に貢献するよう努めていきます。

*2 2009年10月、日本のがん医療の基盤構築および発展に貢献していくことを目的に設立。日本における世界水準のがん医療実現のため、世界トップクラスのオンコロジストと日本のがん医療の最先端を担う研究者・臨床医とのより深い学問的交流を推進している。
*3一般的には「社会問題に対処するために政府や自治体及びそれに準ずる機関に影響をもたらし、公共政策の形成及び変容を促すことを目的とした活動」とされているが、ここでは「がん患者のより良い医療(治療および生活の質)の向上に向けた課題について、広く一般に知らしめると共に解決策を政府や自治体など関係機関に提言する活動」を指す。
*4米国のマサチューセッツ州において制定されている法律では、すべての病院は病院の運営改善や問題解決のために患者およびその家族を半数以上委員とする委員会を定期的に開催しなければならないとされており、その委員会をPFACという。
*5 ロシュが主催、支援している会議。世界の種々の疾患の患者会の代表者が集まり、その年のテーマに沿った活動の経験や成功事例、失敗事例を話し討議する。お互いの経験や知識を共有し、自国に持ち帰り患者会活動に生かしていくことを目的としており、プログラムは患者会が作成している。

アジア地域の研究者の支援活動




東京生化学研究会(TBRF)

中外製薬では、公益財団法人東京生化学研究会(TBRF)に委嘱して国際共同研究助成事業を実施しています。
1960年に設立された財団法人東京生化学研究会は、2010年9月1日付で内閣府より公益財団法人としての認定を受け、同年12月1日に創立50周年を迎えました。TBRFの中核を占める助成事業の一つとして、中外製薬の支援により、毎年アジア地域から博士号を取得した若手研究者を日本国内の大学および学術研究機関に招聘して1〜2年間共同研究を行う、国際共同研究助成事業を実施しています。この事業が1995年に発足して以来、2016年度までに支援した研究者は17カ国・地域の91名に上ります。
2016年3月に行われた研究成果発表会(The 20th TBRF Party)では、インド、インドネシア、韓国、タイ、中国、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ミャンマーから招聘された若手研究者14名による口頭発表が行われました。
今後もこの事業をさらに充実・発展させ、日本を中心とするアジア地域全般の医学・薬学研究の推進、薬物治療ならびに新医薬品の創製に関する基礎研究の底上げに貢献していきたいと思います。
(公益財団法人東京生化学研究会の詳細はhttp://www.tokyobrf.or.jp/をご参照ください)

  • 本文を印刷する
  • View in English