ホーム > CSR情報 > ステークホルダーとの関わり > 患者さん・医療従事者の皆さまへ

患者さん・医療従事者の皆さまへ

科学的根拠に基づいた革新的な医薬品の開発と安定供給に努めています。

医薬品の信頼性を高めるために

中外製薬グループは、高品質の医薬品と、患者さん・医療従事者の皆さまが医薬品を適正使用されるための質の高い情報を、適時、的確に提供するよう努めています。

医薬信頼性保証ポリシー

医薬品の信頼性保証に対する基本的な考え方は、「医薬信頼性保証ポリシー」に定めています。 「医薬信頼性保証ポリシー」では、信頼性を確保する観点として4つの質(4つのクオリティ)を追求しています。

  • (1)医薬品の質
  • (2)医薬品情報の質
  • (3)業務プロセスの質
  • (4)適切な人財

質の高い医薬品と医薬品情報を提供するためには、それらを生み出す業務のプロセスの質や、実際に業務にあたる適切な人財が確保されていることが大切だと考えています。

医薬品のライフサイクルにおける信頼性保証体系

有効性・安全性に優れた医薬品を患者さん・医療従事者の皆さまに提供するために、研究開発から承認申請、製造販売、承認整理に至る、医薬品のライフサイクル全般にわたって、信頼性を確保するための取り組みを継続的に行っています。

医薬品のライフサイクルにおける信頼性保証体系

メディカルインフォメーション部によるお問合せへの対応

近年の科学技術の進歩に伴い、多くの革新的な医薬品や治療法が開発されていますが、その一方で、治療は高度化、複雑化し、適正な患者さんに適正な時期に適正な治療が提供されることが求められています。これらの実現には、医療従事者のみならず、患者さん自身が主体的に治療にかかわることが重要とされ、製薬企業には医薬品を適切に使用いただくため、品質、有効性、安全性についてより詳しい情報が、分かりやすく提供されることが求められています。
中外製薬のメディカルインフォメーション部では、患者さんやそのご家族、医療従事者からの電話やホームページ、Eメールなど多岐にわたる媒体を通してお問合せを受け付け、ロシュグループの一員としての利点を活かし、専門性の高い、グローバルで一貫した情報をお届けしています。
2017年のお問合せ件数は前年同様に約6万件で、その約75%は病院薬剤師または保険薬局の薬剤師の方々からによるものでした。薬効群別では、抗インフルエンザウイルス剤が全件数の約21%を占めたほか、抗悪性腫瘍剤、骨粗鬆症治療剤、ヒト化抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体製剤、持続型赤血球造血刺激因子製剤などに関するお問合せを多くいただきました。
今後とも、「患者さん志向」を基本理念とし、さらなる顧客満足度向上と、患者さん、医療現場の声を製品改良・情報の充実につなげ、患者さんと医療に貢献し続けるべく、組織が一丸となって取り組んでいきます。

お問合せ件数の推移

お問合せの領域別割合

* 抗インフルエンザウイルス剤を除く主要領域における割合

患者さん中心の医療への貢献

患者さんへの支援活動


従業員がボランティアとして参加した
「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」(RFLJ)

リレー・フォー・ライフ・ジャパン

がんと闘うための絆を育む啓発サポートキャンペーン「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」(RFLJ)はがん患者さんや家族・支援者たちがチームをつくり、交代で24時間歩き続けるイベントです。このイベントには、今を生きているサバイバーを「祝い」、亡くなった愛する人を「しのび」、予防や検診を啓発しながら制圧のために「立ち向かう」という、3つの想いが込められています。2017年は全国49カ所で開催され、2007年以来ボランティア参加を続けている中外製薬は、各地で「チーム中外」を結成し、全国29カ所で490名が参加しました。この年は拡張現実(AR)を活用した「胃のなかGO!探せ7つのヒミツ」による疾患啓発活動を行い、23会場で1,499名の方に体験いただきました。体験者には「チーム中外」のメンバーから説明を受けながら画面に現れる胃がんに関連する事柄について学んでいただき、胃がんについての早期発見・早期治療の大切さを理解していただきました。

難病・小児リンパ管腫に苦しむ患者さんを支援

中外製薬は「リンパ管腫*1」という難病に苦しむ海外の患者さんに対してリンパ管腫治療剤を27年にわたり無償提供しています。当社がこれまで薬剤を提供した国は80カ国以上になりました。

*1 リンパ管の異常により体の一部にリンパ液がたまる疾患で、多くの場合、出生時に見つかる。がんと異なり良性だが、小児の発育を障害し、ときにはこのこぶが気道を圧迫して生命の危機をもたらすこともある難病

  • 本文を印刷する
  • View in English