目標と取り組み

中長期的な視点を持って環境目標および健康経営目標を設定し、環境保全活動および安全衛生活動を継続的に推進しています。

中期環境目標

中外製薬グループは中長期的な視点を持って環境保全活動を推進しており、2014年に2020年を最終年とする中期環境目標として以下の4項目を策定しました。

  • 従業員1人当たりエネルギー消費量:2010年比20%削減
  • 特定フロン(CFC、HCFC)使用廃止
  • 廃棄物ゼロエミッション(廃棄物再資源化率99%以上):3事業所
  • 営業車両の平均燃費:16 km/L以上

環境保全活動計画

中期環境目標達成に向け、項目別に年ごとの目標を定め、その活動結果を評価し、次年度に反映することにより環境・安全活動を継続的に推進しています。

2017年環境保全活動計画および結果と2018年行動計画 [PDF 90KB]

安全衛生目標

安全衛生活動基本姿勢に基づき安全衛生活動を推進していく中で、健康経営の重点項目について以下の中長期目標を定めています。

  • がん:がん検診受診率(肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮頸がん)90%以上
  • 生活習慣病:ハイリスク者率を2020年までに2%以下、2022年以降1%以下
  • メンタルヘルス:メンタルヘルス予防策の推進
  • プレゼンティーズム:プレゼンティーズムによる労働損失の削減
  • ヘルスリテラシー:2020年までに関連制度の認知度90%以上
  • 職場の安全:全事業所におけるEHSリスク評価実施

テーマと取り組み

テーマ 取り組みの考え方
気候変動リスクの低減 エネルギー消費量削減および特定フロン全廃に向けた使用量削減により、GHG排出量削減
工場・研究所のエネルギー管理だけでなく、全社的な取り組みにも注力
営業車のエコカー化などを推進
省資源・廃棄物管理 廃棄物の再資源化率向上、最終処分量のさらなる削減により、「廃棄物ゼロエミッション」を達成
生物多様性保全 大気・水質・土壌に関する規制値の遵守により、環境への汚染物質排出を抑制
特に、水環境保全のため、全排水毒性(WET)試験を実施するなど、水の排出を重点管理
化学物質管理 化学物質の適正管理の体制整備を進め、安全確保と環境汚染防止を推進
環境リスクの低減 外部コンサルタントによる広範な環境法令点検を実施により、環境法規制の遵守を徹底
リスクアセスメントの実施 許容できないリスクを排除した職場環境を構築
健康管理 健康管理部門をはじめ各関係部門との連携を基盤とした支援体制
がん対策 治療と仕事との両立支援の充実
がん検診受診率向上に向けた啓発活動の実施
生活習慣病対策 ハイリスク者の受診勧奨
有所見者への保健指導
メンタルヘルス対策 復職支援プログラムの実施
プレゼンティーズム対策 調査結果に基づく対策の企画・実行
健康リテラシー 健康関連情報の提供
講演会、研修会等の開催
業務中災害対策 EHSリスク評価に基づく対策の実施
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする

環境保全および安全衛生への取り組み

トップに戻る