ホーム > CSR情報 > ダイバーシティへの取り組み > ダイバーシティ推進体制

ダイバーシティ推進体制

まず最も身近な「性別」(ジェンダー)の推進について、2010年に社長をオーナーとしたワーキングチームを結成し活動に着手しました。2012年にはこの活動を「性別」を含めた幅広い領域で強化・推進するために「ダイバーシティ推進室」を設置し、部門において結成されたダイバーシティ推進チーム活動とともに取り組みを続けています。

ジェンダー・ダイバーシティマネジメントワーキングチーム活動(2010年〜2011年)

各部門より女性の幹部社員を選出し、ジェンダーに関する意識調査を実施、課題の抽出・分析を行いました。2011年に経営への答申を行い、この答申内容が土台となり全社でのダイバーシティ推進が始まりました。
また、この答申を受けて、女性の活躍推進に向け、部下を持つ女性マネジャーの増加を指標として2015年時60名(2010年時の倍)として設定しました。

部門のダイバーシティ推進チーム活動

各部門における課題や要員状況を踏まえたダイバーシティ推進活動の企画・実行に向けて、推進メンバーが任命され活動しています。これまで、育児と仕事の両立や女性のキャリアなど、さまざまなテーマでのフォーラムやランチ交流会、講演会など多様な活動が行われました。職場に近い取り組みとなることから、従業員のダイバーシティへの関心を高め、柔軟で機動力のある活動が行われています。


  • 信頼性ユニット・医薬安全性本部の
    推進チームメンバー

  • 製薬本部の推進チームメンバー

中外ダイバーシティ推進フォーラム

各部門のダイバーシティ推進の取り組みの共有、加速のため、経営役員、本部長、ユニット長をはじめ、部門のダイバーシティ推進メンバーなどが参加し、2013年より「中外ダイバーシティ推進フォーラム」を開催しています。
各部門とも当初は女性に関する活動から始まりましたが、現在は性別・年代・国籍など推進メンバーや課題の多様化も進み、各部門の特徴や課題に合わせた取り組みが実施され、毎年フォーラムの中でも、さまざまな個性ある企画やイベントが報告されています。急激な環境変化、技術革新のスピードの中、成長のためにダイバーシティは不可欠という認識を改めて共有し、さらなる推進に向けて決意を新たにする会となっています。

  • 本文を印刷する
  • View in English