サステナビリティの考え方

中外製薬グループのサステナビリティ推進の考え、推進体制について紹介しています。

共有価値創造とサステナビリティ推進

2015年9月の国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標)が採択されました。貧困や飢餓、健康や教育、気候変動、エネルギーの持続性、さらには働き甲斐や経済成長まで幅広く経済、社会、環境の持続可能で多様性と包摂性のある社会実現のための、2030年をターゲットにした17の目標を設定しています。

近年の地球環境変動や経済を含めた社会システムの持続性への危機が高まり、企業に対して、経済的な利益成長の追求と同時に、環境・社会システムなどの社会課題解決への取り組み・貢献の要請が高まっています。

これら地球環境と国際社会のサステナビリティを確保するための社会課題には、あらゆる国や組織が取り組むべきであり、中外製薬グループも事業活動のすべての場面で社会課題への貢献を考慮していきます。

中外製薬グループの存在意義は「革新的な医薬品とサービスの提供を通じて新しい価値を創造し、世界の医療と人々の健康に貢献」することです。医療と健康への貢献は正に社会課題解決への貢献であり、創業以来の当社グループ事業は社会課題解決のためにあったと考えています。これからも、更なるイノベーションを通じて一層の共有価値創造に取り組みます。

また、事業活動の様々な場面では社会課題に対応できる機会が多くあります。他の社会課題に対してもサステナビリティを高める目的で積極的に取り組みます。

社会課題解決のための共有価値を創造することで社会からの信頼を獲得し、社会課題解決に再投資していくサイクルを回していくことで、社会と企業の長期持続可能な発展を目指します。

中外製薬が貢献するSDGs

中外製薬が貢献するSDGs

17目標の中で中外製薬グループのミッションに直結する目標3を最重点目標とし、それを実現するために必要な4目標、事業活動の基盤となる6目標を事業との関わりの深さで示しています。

重点課題における取り組み

イノベーションへの集中による革新的医薬品・サービスの創出

中外製薬グループは、これからも革新的新薬とサービスを核としたイノベーションに集中していきます。その目標は「患者中心の高度かつ持続可能な医療を実現」することです。
本業である医薬を中心に、社会と中外製薬グループが共有する新たな価値を生み出し、社会と共に成長することが当社グループの基本方針です。

事業を支える人財の強化と抜本的な構造改革

経営目標の達成には、高度かつ多様な人財が役割に応じて存分に能力を発揮し、その頑張りと成果に応じて適正な評価を受けることで、イノベーションを生み出す企業文化が定着していることが不可欠だと考えます。
また、革新に挑戦するのに効果的な組織やプロセスを整えることも重要です。
事業を支える人財と組織基盤を強化するため、ダイバーシティ&インクルージョンをはじめとした施策を積極的に推進します。

サステナビリティ推進の考え方と重点強化領域

中外製薬グループは、革新的な医薬品とサービスを長期持続的に提供することをはじめとして、事業活動のあらゆる場面で社会課題の解決に向けた取り組みを行い、社会のサステナビリティに貢献します。

また、事業活動のあらゆる場面で貢献できる課題について、社会からの期待・要請、中外製薬グループが経済・環境・社会に与える影響度、およびステークホルダーの関心度から、イノベーションへの挑戦を支える6つのサステナビリティ重点強化領域を特定しました。

しかしながら、SDGsに整理された社会課題は相互に関連しているものであることから、施策の実行に当たってはすべての社会課題を考慮して取り組みを進めます。

また、企業活動の基盤として、リスク管理やコンプライアンス推進にも、一層の強化を図っていきます。

サステナビリティ推進の考え方と重点強化領域

サステナビリティ推進の考え方と重点強化領域

サステナビリティ重点強化領域における取り組み

1. クオリティマネジメントの進化

医薬品ビジネスにおいては、製品と情報の双方の質が十分に確保され、医薬品として安心して使用していただくことが重要です。そのために製品の品質は言うまでもなく、医療関係者にお伝えする情報についてもその正確性を含めた品質が当然求められています。加えて、製品や情報を提供する業務プロセスの質の確保と、それを確実に実行するという人の意識や行動も重要となります。その意識や行動の基盤となるリスク管理やコンプライアンス推進も一層強化していきます。
さらに、クオリティの向上は、自社だけでなくパートナー企業の協力が必要になります。クオリティカルチャーの醸成・浸透を図るとともに、パートナー企業のクオリティにも積極的な関与を行うことで、グローバルレベルの品質水準の強化を図っていきます。

2. サプライチェーンマネジメント

グローバリゼーションや情報化社会が本格的に進展し、ヒトやモノ、カネ、コトなどが国境を越えて活発かつ瞬時に動くようになるなど社会全体が大きく変化してきています。
中外製薬グループが資材・原材料などを調達したり業務を委託するにあたり、従来の品質・性能・価格・納入条件というようなコスト管理のみならず、自然環境や労働環境・人権といった要素をこれまで以上に重視したサプライチェーン・マネジメントを推進・実行していきます。
そのために、包括的サプライヤー評価を実施していきます。

3. 保健医療アクセス向上

中外製薬グループはロシュグループと協力するビジネスモデルを構築しているため、すべての国・地域に直接医薬品を届ける仕組みにはなっていません。また、当社グループが提供する画期的な医薬品は、必ずしも発展途上国等の医療で求められているわけではありません。
私たちは、抗体技術を生かしたデング熱治療薬開発プロジェクトをはじめとした途上国のニーズに合った医薬品の提供や、医療インフラの整備、医療関係者の育成などを支援し、医療アクセスを改善することによってグローバルヘルスに貢献していきます。

グローバルヘルスに関する基本的な考え方

4. 社会貢献活動

中外製薬グループの経験と専門性を発揮できる医療や人々の健康を中心に、社会の一員として直接の対価を求めることなく資源や専門能力を投入し、その解決に貢献していきます。
中外製薬グループが取り組む主な分野として医療、福祉、共生社会、次世代育成、地域社会を設定し、自治体やNPOの方々とも協力して推進に努めます。

社会貢献活動に関する基本的な考え方

5. 地球環境保全

中外製薬グループは、地球環境保全への取り組みにより社会課題の解決に貢献するため、2014年に2020年までの環境保全目標を策定して、推進しています。
中期経営計画(IBI 21)では、2020年目標に向けた取り組みを継続して進めるとともに、次期環境目標を策定します。
具体的には、CO2排出抑制、省エネルギー、廃棄物の再利用、環境汚染防止などに取り組みます。生産部門はもちろんのこと、中外製薬グループのビジネスのすべてのバリューチェーンにおいて環境への影響を配慮していきます。

6. ステークホルダーとの対話

中外製薬グループの主要なビジネス活動とともにSustainable基盤強化活動についてストーリーとして情報開示していきます。
社会全体において、近年の地球環境変動や社会経済を含めた社会システムの持続性への危機が高まり、企業に対して、経済的な利益成長の追求と同時に、環境・社会システムなどの社会課題解決への取り組み・貢献の要請が高まっています。中外製薬グループも事業活動に伴う環境・社会システムへのインパクトを最善のものにするための課題にも積極的に取り組むことで社会的価値の向上を目指すとともに、ステークホルダーの方々へ情報の開示を行い、対話を通じて企業活動の適切な理解を進めます。

サステナビリティ推進体制

下記の2つの委員会により成り立っています。両委員会の委員長はサステナビリティ推進部担当役員である代表取締役副会長が務めています。

コンプライアンス委員会

コンプライアンス推進に係わる機関。下記の2部会から成る。

  • GxP部会:国内外の薬事規制やそれに基づいて定められた社内ルール遵守に関するコンプライアンスを対象とする。
  • C&H(コーポレート&ヘルスケア)部会:GxP以外のすべてのコンプライアンスを対象とする。

EHS推進委員会

環境保全、安全衛生の推進に係わる機関。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

サステナビリティの推進の要となるコンプライアンスの徹底に関しては、基本組織長をコンプライアンス責任者と定め、その責任者が任命したコンプライアンスオフィサーと協同で、各組織におけるコンプライアンス状況把握、課題解決、教育啓発などにあたっています。
また、環境・安全衛生面では、EHS推進委員会で決定され経営会議で承認された行動計画が、事業所のEHS総括責任者、EHS総括管理者に通知され、EHS総括管理者を委員長とする事業所の安全衛生環境委員会による事業所活動計画の策定に反映することとしています。

  • *環境安全衛生(Environment, Health, and Safety)
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする

こちらもご覧ください

中外製薬が考えるサステナビリティ

トップに戻る