ホーム > CSR情報 > CSRの考え方 > ごあいさつ

ごあいさつ

企業価値の質的な向上を図り、ステークホルダーの皆さまとの信頼関係をより強固なものとしていきます。代表取締役副会長 CSR推進、監査担当 上野 幹夫

「革新的な医薬品とサービスの提供を通じて新しい価値を創造し、世界の医療と人々の健康に貢献します。」
中外製薬グループでは、このミッション(存在意義)実現に向けた事業活動の展開と、行動規準としての中外ビジネス・コンダクト・ガイドライン(中外BCG)の実践が、私たちのCSR(企業の社会責任)であると考えています。

医薬品業界を取り巻く環境が刻一刻と変化を遂げるなか、中外製薬グループが将来にわたって責任を果たし、すべてのステークホルダーから信頼・支持される企業へと成長していくためには、私たち自身が進化し、社会に対して発揮できる価値を高め続けていかなくてはなりません。

中外製薬グループでは、企業価値は「経済性」「社会性」「人間性」の総合評価で決まるものととらえています。これらを同時に追求・実現して、一貫性をもって融合させていくことが重要だと考えています。今後も、価値創造と変革を続けながら、その根幹となる経営基盤の充実にも力を注ぎ、企業価値を質的に向上させることで、ステークホルダーの皆さまとの信頼関係をより強固なものにしていきたいと考えています。

それを実現するために、私たちは独自の研究技術を活かした連続的な創薬プロジェクトの創出や、革新的な医薬品をいち早く世界にお届けしていくための取り組みのほか、革新を生み出す原動力となる「ダイバーシティマネジメントの推進」についても、性別、国籍、年齢など、それぞれの多様性を価値創出につなげるべく、各種施策を進めています。

各ステークホルダーから支持されるための質的側面の進化という観点から行っているのが、障がい者スポーツの支援活動です。公益財団法人日本障がい者スポーツ協会にオフィシャルパートナーとして協賛し、同協会の理念である「活力ある共生社会の創造」の実現に向けた活動に協力しています。具体的には、啓発冊子の作成、選手のトークショー・写真展・競技体験会の開催などを通じて、障がい者スポーツの魅力を多くの方々に伝えてきました。この活動は、中外製薬グループ社員のダイバーシティに対する意識向上という意義も有しています。今後も積極的な応援を続け、「活力ある共生社会の創造」の実現に貢献していきます。

皆さまには中外製薬グループの経営に対する変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、心よりお願い申しあげます。

  • 本文を印刷する
  • View in English