企業倫理重視の姿勢

基本的な考え方

「企業倫理は業績に優先する」という理念は、全従業員に共有されています

2002年10月の新生中外製薬の発足時に経営トップから発信された「企業倫理は業績に優先する」という基本的な理念は、現在も継続的に発信され、全従業員に共有されています。社会責任を果たし、ステークホルダーの期待に応える企業像として掲げた「ミッションステートメント」の実現に向けて、企業行動規準である「中外製薬グループ コード・オブ・コンダクト(CCC)」を制定し、社会の変化に合わせて定期的に内容を見直し改定してきました。

中外製薬は、生命の尊厳を第一義に置き、科学に対する真摯な取り組みと、透明かつ公正で高い倫理性を持った企業活動に努めています。具体的には、企業倫理研修などを通じて、従業員一人ひとりが中外製薬で働く一員としての価値観を共有し、生命関連企業の業務遂行において求められる倫理観とは何であるか理解し、CCCを拠り所として日々実践しています。

高い倫理性を持った企業活動の推進

独自に「中外コ-ド・オブ・プラクティス」を制定。高い倫理性を持った企業活動を推進しています

IFPMAコード・オブ・プラクティスは、その「まえおき」で、「医学知識の進歩と世界的な公衆衛生の向上は、研究者から主治医や看護士から患者にいたるまで、医療界全体における情報共有を目的とした交流に依存しており、この交流にはインテグリティ(誠実さ)が必要不可欠です。根本的な課題として、倫理的で患者の立場に立った処方の決定が行われていることへの信頼が常に求められています。」としています。

中外製薬では、製薬業界の自主規程の運用機関である医療用医薬品製造販売業公正取引協議会や、日本製薬工業協会のコード・コンプライアンス推進委員会などの活動に積極的に取り組むとともに、独自に「中外コード・オブ・プラクティス」を制定し、プロモーション活動だけでなく、すべての役員・従業員と、研究者、医療関係者、患者団体などとの交流を対象として、高い倫理性を持った企業活動を推進しています。

CCCホットライン

法令や社内規程、CCCなどに関し、中外製薬グループのすべての従業員などからの相談や報告を受ける窓口として、「CCCホットライン」を設置しています。対応に際しては、相談者の意向を尊重しながら、秘密厳守のもとで公正な調査を行い、問題解決につなげています。
また、相談者・報告者保護の観点から、報復などの不利益行為は規程により禁止しています。職場では相談しづらく解決が難しい問題などについて、CCCホットライン機能で対応することにより、結果として組織内の自浄作用が高まり、従業員などが安心して働ける職場環境の実現を目指しています。
なお、ハラスメントについては、社外相談窓口も設置しています。

  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする

こちらもご覧ください

中外製薬が考えるサステナビリティ

トップに戻る