個別化医療が可能になった背景とは?

ツクルくんのイラスト

Q個別化医療が行われるようになったのは、なぜですか?

ミチ先生のイラスト

A個別化医療は二つの理由で可能になりました。病気の発症や進行に遺伝子が関わっている場合があるということがわかったことと、遺伝子を調べる検査や、遺伝子の異常に対する治療薬の開発が進んだことです。

個別化医療は、現在、特にがんの領域で研究が進んでいます。最初に個別化医療の考え方が取り入れられたのは乳がんで、その後、胃がんや大腸がんなど、他のがんにも広がってきました。これは、がんの発生が、個別化医療の応用に合っていることが背景にあります。

私たちのからだは細胞でできています。一つひとつの細胞の中には遺伝子があり、この遺伝子によって細胞のさまざまな働きが保たれています。がんは、正常な細胞の遺伝子が変化してがん細胞となり、どんどん増殖する病気です。この遺伝子の変化のことを、遺伝子変異といい、がんの発生には多くの遺伝子が関わっていることがわかっています。そして、どの遺伝子に変異が起こるかは、患者さんごとに異なっています。

一方で、特定の遺伝子変異に効果のある治療薬の開発が進みました。そのため、患者さんの遺伝子のタイプを調べること(遺伝子解析)によって、治療薬の効果が期待できる患者さんを特定できるようになったのです。患者さんにメリットがあり、個別化医療がさらに発展しました。

「遺伝子変異とがんの発生」の解説図

ツクルくんのイラスト

同じがんでも、どの遺伝子に変異が起こったかによって、薬の効果が変わってしまうのですね。

ミチ先生のイラスト

そうなんです。
遺伝子変異について詳しくは「おしえて がんゲノム医療」のサイトで “がんは遺伝子の変異で起こる病気” をみてくださいね。

  • ボタン:一つ前のページへ戻る

用語解説

個別化医療
患者さんの体質や病気の特徴に合った治療を行うことです。英語では「パーソナライズド・ヘルスケア(PHC)」「パーソナライズド・メディシン」といい、「オーダーメイド医療」、「テーラーメイド医療」、「プレシジョン・メディシン(直訳すると精密医療)」などと呼ばれることもあります。
遺伝子
親から子へと伝えられる遺伝情報の単位であり、生物の活動に必要なタンパク質をどのように作るかを決める設計図として働きます。その本体は細胞の中にあるDNAと呼ばれる物質で、DNAを構成している塩基という四種類の物質の並び方(塩基配列)によって、どのようなタンパク質が作られるかが決まります。
遺伝子変異
遺伝子に起きた変化のことをいいます。遺伝情報が他の情報と入れ替わったり、別の情報が入り込んだり、欠損して情報がなくなってしまったりといった、さまざまな種類の変異があります。遺伝子が変化したために正常なタンパク質ができなくなり、病気の発症につながる場合があります。
遺伝子解析
遺伝子のタイプを調べることです。遺伝子の一か所の変異を検出、遺伝子全体を解析、一人の人がもつすべての遺伝情報を解析、などさまざまな解析方法があります。
よくわかる個別化医療 PDF版をダウンロード

関連動画

動画を見る
動画を見る

人々の暮らしを救え!医療くんの大冒険
~みんなが楽しく分かる、個別化医療の高度化~

修行をしながら世界中を旅する医療くん。行く手にはモンスターが…。医療くんの旅のストーリーを通じて、個別化医療とその高度化について分かりやすくご説明します。

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)
トップに戻る