ホーム > 採用情報 > トップメッセージ

トップメッセージ

トップ製薬企業に向かって力強く羽ばたくため、一人ひとりにトップを目指す気概と誇りを。

1980年代のはじめにバイオに参入した当社は、今や「バイオの中外」として、同分野において圧倒的に競合他社をリードしています。
2002年にロシュ社とアライアンスを締結して以来、急速に開発パイプラインを強化し、グローバル競争に通用する研究開発基盤を構築することができました。このアライアンスにより、スイスのロシュ社、米国のジェネンテック社、日本の中外と三極に拠点を構えることで、世界で開発や発売をしている革新的な医薬品を円滑に日本に導入することが可能となりました。

一方、当社が創製した製品も世界市場に最適の手段で送り出すことができます。このようなビジネスモデルは、いまだ他には存在していません。
私たちは激しい環境変化を単なる買収や合併では乗り切れないと考え、ロシュ・グループとして、研究開発力の高い3社が補完しあう形で成長を続けてきました。

「画期的な新薬を世界から日本へ、そして日本から世界へ」提供するというアライアンスの目的は、昨年、国産初の抗体医薬品である関節リウマチ治療薬「アクテムラ®」の海外進出によって、その成果が顕在化し、いよいよ本年は「トップ製薬企業に向かって力強く羽ばたく年」というスローガンを掲げました。

トップ製薬企業を目指すことは、私たちにとって大きな挑戦です。
中外製薬が社員即ち人財に期待するのは、「誰かに指示をされ動くのではなく、自ら新しい方法を考え、自ら行動し道を切り拓いていく」ことです。今後は、顧客からもトップ製薬企業にふさわしい高いレベルの意識や行動を求められるようになるでしょう。自らが業界をリードするくらいの意識と誇りをもち、顧客の皆さまから高い信頼を獲得していくことのできるフィールドがここにはあります。

ロシュ社との連携の中で、日本市場だけでなく世界の市場を視野に、日本のトップ製薬企業という目標に向かって自分自身に何ができるかを考え、一つひとつの仕事に真剣に向き合い、将来中外製薬のリーダーとして活躍される人財と出会えることを楽しみにしています。