中外製薬

本文を印刷する

各位

2017年10月05日

バイスペシフィック抗体ERY974の非臨床研究の成績を
Science Translational Medicineに発表

-中外製薬の研究成果を世界トップレベルの学術誌が採択-

中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役会長 CEO:永山 治)は、当社が創製し現在、固形癌を対象として第I相臨床試験を実施中の抗グリピカン3/CD3バイスペシフィック抗体ERY974の非臨床研究の成果が、2017年10月4日(現地時間)にScience Translational Medicine電子版に掲載されたことをお知らせいたします(http://stm.sciencemag.org/content/9/410/eaal4291)。
Science Translational Medicine誌はScienceの姉妹誌であり、トランスレーショナル・リサーチに関する画期的な研究成果を報告する学術誌として世界トップレベルに位置付けられています。

上席執行役員 研究、トランスレーショナルクリニカルリサーチ管掌の岡部尚文は、「当社が開発した独自の抗体改変技術を応用し、当社とChugai Pharmabody Researchにて共同で創製したバイスペシフィック抗体ERY974の基礎研究の成果が、Science Translational Medicine誌に掲載されたことを非常に嬉しく思います」と述べるとともに、「がん免疫療法の登場により、がん治療におけるパラダイムシフトが起こったと言われており、がん治療における免疫の果たす役割は今後より一層広がっていくと考えられています。その1つとして、ERY974が今後の臨床試験でより良い抗腫瘍効果が示され、患者さんの治療に貢献できる薬剤となることを大いに期待しています」と語っています。

グリピカン3(glypican-3: GPC3)は、肝臓癌、肺癌、胃癌をはじめとする様々ながん細胞膜上に高頻度に発現する膜タンパク質です。GPC3は胎児期では様々な組織で発現し重要な働きを担っていると報告されています*が、成体の正常組織ではほとんど発現しておりません*。正常細胞の癌化によりGPC3の発現が認められることから、GPC3はがんに特異的なタンパク質(がん抗原)であると考えられています*。

ERY974は、がん細胞膜上のGPC3とリンパ球の一種であるT細胞上に発現している膜タンパク質であるCD3の双方に結合するバイスペシフィック抗体です。ERY974は、中外製薬の革新的な抗体改変技術を用いたT細胞リダイレクティング抗体(T cell Redirecting AntiBody: TRAB)であり、GPC3とCD3に同時に結合し、T細胞をがん細胞に誘導するとともにT細胞を活性化させ、隣接するがん細胞を特異的に攻撃し死滅させます。このように、TRABはT細胞を活性化してがんを攻撃するというメカニズムから、がん免疫治療薬の一種に分類されます。

 

本研究では、以下の点が示されました。

・免疫組織染色(Immunohistochemistry: IHC)法により、GPC3が様々ながん(肝細胞癌、肺扁平上皮癌、肺小細胞癌、食道癌、胃癌、頭頸部癌)に発現し、既報通り*正常組織(30組織)ではほとんど発現していないこと(in vitro

In vitroにおいて、ERY974がGPC3依存的にT細胞を活性化させ、GPC3が発現しているがん細胞を死滅させたこと

・異なる3種類の実験マウスにがんを移植させたモデルにおいて、ERY974が抗腫瘍効果を示したこと

・他のがん免疫療法が効きにくいとされているがんに対しても抗腫瘍作用を認めたこと(マウス)

・動物を用いた毒性試験において、ERY974に忍容性が認められたこと

これらの非臨床研究の成果をもとに、GPC3陽性患者を対象としたERY974の第I相臨床試験を、2016年8月より米国で開始しています(NCT02748837)。

中外製薬は、抗体医薬品のリーディングカンパニーとして抗体改変技術を利用した革新的な医薬品の創製により、世界の医療と人々の健康に貢献していきます。

* D. Baumhoer, L, Tornillo, S. Stadlmann, M. Roncalli, E. K. Diamantis, L. M. Terracciano, Glypican 3 expression in human nonneoplastic, preneoplastic, and neoplastic tissues: a tissue microarray analysis of 4,387 tissue samples. Am J Clin Pathol. 129, 899-906 (2008).

以上

本件に関するお問い合わせ先:
中外製薬株式会社 広報IR部
報道関係者の皆様
メディアリレーションズグループ
Tel:03-3273-0881
mailto: pr@chugai-pharm.co.jp
投資家の皆様
インベスターリレーションズグループ
Tel:03-3273-0554
mailto: ir@chugai-pharm.co.jp
 

[ PDF 279KB]

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。
インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

閉じる