ホーム > 株主・投資家の皆さま > 中外製薬90年の歩み > 戦災からの再建

戦災からの再建

戦災からの再建途上で希望の商品、誕生。

戦災により中外本社、池袋工場、堺工場が全焼し、高田工場も半焼しましたが、創業者上野の陣頭指揮の下、高田工場は終戦からわずか4カ月で復旧。ところが、再建途上で「ザルソブロカノン」などの需要減退により、経営は危機に陥ります。起死回生に一役買ったのが、2つ新製品、「グロンサン®」(1951年)と「バルサン®錠」(1952年)でした。

POINT11951年7月

グルクロン酸合成の工業化に成功

奇しくも業績後退の兆しが現れた1951年、中外はグルクロン酸合成の工業化に成功します。解毒促進・肝機能改善薬「グロンサン®」として医療用に発売すると、世界をリードする研究成果として注目され、欧州を中心とした31カ国に輸出されました。初年度約700万円だった生産高は、4年後の1955年には10億円を超え、中外の成長に大きく貢献しました。

POINT21952年7月

環境衛生分野に進出

1952年、中外は国内で初めてリンデン(γ-BHC)を成分とした家庭用蒸散殺虫剤を開発・発売します。初期の製品は、錠剤をブリキ製のスプーンに乗せ、ロウソクの熱で揮発させる「バルサン®錠」。やがて、ロウソクが電球に、スプーンがリングに変わり、さらにはくん煙殺虫剤「バルサン®香」へと姿を変え、家庭用から始まった殺虫剤需要は、ビル、工場、林野へと広がりました。

POINT31933年

ビタミン王として世界をリード

1933年のビタミンCの完全合成を皮切りに、ロシュ社のバーゼル本部は次々にビタミンの合成に成功します。最終的には全13種類のビタミンを世界に提供するようになり、「ビタミン・キング」の別称で呼ばれました。60年代に畜産飼料へのビタミン添加がはじまると、日本ロシュは畜産飼料市場を開拓。医薬品のみならず、食品、飼料の3分野に事業を拡大していきました。

数字で見る中外製薬「株価」
  • 本文を印刷する
  • View in English