SMART-Ig®(スイーピング抗体®創製技術)

「スイーピング抗体®」は、「リサイクリング抗体®」が中性条件下で胎児性Fc受容体(FcRn)に結合できるように分子設計されています。従って、サイトカインなどの血液中に存在する可溶型抗原が標的抗原の場合、抗原が抗体と結合した後、細胞内に積極的に取り込まれます。これにより、抗原を分解する回転速度が加速され、抗原を血液中から除去することを可能にしました。また、当該抗体は、FcRnへの結合を調整し回転速度を変えることで、適用する抗原や疾患の種類に応じて、目的に合った抗体を創製することができます。
こうした特性から、「スイーピング抗体®」は、通常抗体では達成しえない低い投与量や、長い投与間隔を実現できるうえ、「通常抗体」では阻害しきれないほど大量に存在する抗原の阻害も可能になります。さらに、抗体が抗原に結合して作用を阻害せずとも、血液中から直接除去することで効果を発揮させるなど、非常に幅広い創薬への応用が想定されています。

可溶性抗原(サイトカインなど)に対する「スイーピング抗体」の効果
可溶性抗原(サイトカインなど)に対する「スイーピング抗体」の効果
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る