ホーム > 会社情報 > 研究・開発 > 知的財産

知的財産

中外製薬は、グローバルな知的財産戦略を革新的新薬の創出を支える基盤としてとらえ、経営戦略および研究開発戦略との一体化を図ることで、製品の競争優位性と事業の自由度の確保につなげています。重要な研究開発プロジェクトには集中的に資源投入して知的財産の確保を進めると同時に、ロシュとのグローバル共同開発を視野に入れて、海外での権利化も積極的に展開しています。製品に関連する特許出願では、物質特許、用途特許に加え、製剤、製法、診断方法、個別化医療などに関する発明についても、戦略的に特許出願を行うと同時に、革新的抗体技術などの重要な創薬技術についても、グローバルでの権利化を推進し、知財戦略の立案・遂行に活用しています。また、ますます複雑化・高度化する抗体改変技術に関連する特許については、独自のデータベースを構築することで、他社動向の把握を含めて知的財産戦略の立案に活用しています。

中外製薬の知的財産戦略

知的財産戦略の特徴

中外製薬における知的財産戦略の特徴の一つは、ロシュ・グループとしてのメリットを最大限に活用することにあります。中外製薬で成された発明については、個別の出願戦略、出願国の選定、権利化戦略など、日本のみならず、海外を含めて、中外製薬が責任を持って立案・遂行しています。また、ジェネンテック社を含めたロシュ・グループ内で常時緊密な連携を取ることで、グローバルで最適なオプションを選択できるよう努めています。もう一つの特徴は、抗体関連技術特許の戦略的活用にあります。中外製薬では、抗体改変技術を重要な研究開発基盤として位置づけ、基本技術の開発と製品化への応用を両輪とした研究開発戦略を展開しています。知的財産戦略においても、抗体関連の技術特許を戦略的に活用することで、市場における競合優位性の確保を目指しています。

特許保有(出願中含む)・特許取得件数

  • 本文を印刷する
  • View in English