2021年05月18日

在宅福祉移送サービスカー寄贈事業における車両利用状況の調査結果報告(更新)

社会貢献

当社は、1985年より「在宅福祉移送サービスカー寄贈事業」を通して、在宅で介護を受ける高齢の方やお身体の不自由な方がより豊かな生活を送ることを支援しています。
この度、本事業をより良い活動に繋げるため、2005年以降に寄贈した施設に対し、アンケート調査を実施しました。当社が寄贈している車両が、ご施設とご自宅を結ぶ移動手段として、また、医療アクセスの一助として活用されていることが結果として示されました。アンケート結果は下記よりご覧ください。

在宅福祉移送サービスカー利用状況

【アンケート実施概要】

対象:2005年以降に車両を寄贈した施設157団体
実施期間:2020年4月21日~4月30日 
(追加)2021年4月5日~4月27日
回答回収率:62.4%(98 件)
実施協力:株式会社デベロ
質問項目:車両利用者数、稼働日数、活用用途 

 

【集計結果】

①団体・施設の実施サービス(複数回答)

団体・施設の実施サービスのグラフ(複数回答)デイサービスが62%と最も多い

②車両の稼働状況

稼働日数

4.5日/週

91回答

一日平均利用者数

13名/日

93回答

車椅子利用者 乗車頻度

1.5名/回

94回答

 

③福祉車両の用途

福祉車両の用途(複数回答) 利用者自宅送迎が71.4%と最も多い


中外製薬は、革新的な医薬品の提供に加え、当社の経験と専門性を発揮できる医療・健康領域を中心に、社会貢献活動を通じて社会の持続的発展に寄与し、社会とともに成長していく企業を目指してまいります。
  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)
トップに戻る