2021年01月31日

「中外製薬2021親子で楽しむチェアスキー教室」に協賛

社会貢献 障がい者スポーツ

中外製薬は、宮城県セントメリースキー場にて1月30日に開催された障がいのある子どもたちと家族のための「親子で楽しむチェアスキー教室」に協賛しました。日本チェアスキー協会が主催するこの教室は、今年で5回目を迎えました。
大自然の中でスキーをするのを心から楽しみにしていた子どもたちは、家族や仲間と一緒に雪の降りしきる中、思い切りチェアスキーを楽しみました。

今シーズンは新型コロナ感染予防の観点から、教室は日帰り・少人数制で開催しました。県内からの参加者を迎えての実施となり、参加者やスタッフは感染予防をして臨みました。
障がいの程度は一人一人異なりますが、自分に合った機材を選び、自分に合った滑り方をしていくことで、皆がスキーを楽しむことができました。(今回はチェアスキーとバイスキーの2種類の機材を使用)

中外製薬は「自然の中でのスキーの体験を通じて、子どもたちの成長を支援する」というこの活動に賛同し、「親子で楽しむチェアスキー教室」を応援しています。
  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)
トップに戻る