2018年01月31日

なりきりステージ「三匹のこぶた」に協賛

社会貢献

大切な命を守るために、防災について学ぶ機会を

東日本大震災の被災地支援活動の一環として、1月31日に開催した一般社団法人ハーグ主催の「なりきりステージ」に特別協賛しました。

「三匹のこぶた」を題材にし、歌ったり踊ったりしながら子どもたち自身が物語の登場人物になりきることで、想像力や表現力、考える力を育成するプログラムです。元宝塚歌劇団月組のメンバーによる2回のステージで、宮城県山元町の子どもたちと大人を合わせて383人の笑顔が集まり、みんなの大切な命を守るために、共に防災について学びました。ステージの最後は命をつなぐことに思いを込め「いのちの歌」をひのあんじさんを始め出演者らが合唱し、あらためて命の大切さを学んだ一日となりました。

  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
トップに戻る