臨床開発

中外製薬では革新的な医薬品をいち早く患者さんのもとに届けるため、研究、生産、臨床開発、薬事、医薬安全性などの各機能をプロジェクト単位で一貫管理するライフサイクルマネジメント体制を構築し、多くの医療機関や治験施設の協力のもと、スピード、効率性、科学性に優れた臨床試験の実現に努めています。

  • * 製品が潜在的に持つ価値を最大化するために行われる、開発期間の短縮化、売上の拡大、製品寿命の延長、そして、適切な経費管理などを指す。製品価値が評価され、得られた収益を新薬の開発やマーケティングなどに戦略的に再投資することで、競争力をさらに強化することが可能となる

中外製薬は、国内有数の強力な新薬候補ラインアップを有しています。自社開発品に加え、ライセンス契約によりロシュ社およびジェネンテック社が創製した品目が加わったことにより開発シナジー効果*1が発揮され、中・長期的にも安定な国内トップクラスの革新的な開発パイプライン*2が実現されました。

  • *1 新薬の開発プロセスにおいて、製薬各社のもつ研究開発結果、進捗中のデータやノウハウを共有することによって莫大な費用と時間を各社とも削減できる相乗効果をいいます。
  • *2 製薬会社の薬剤の開発初期段階から販売開始までの開発品を「開発パイプライン」と呼んでいます。他に「製品パイプライン」、「新薬パイプライン」などと呼ばれることもあります。

ロシュ社との共同開発・共同販促

中外製薬はロシュ社と共同開発・共同販促に関する契約を締結することにより、国内のみならず、海外においても、独自の開発・販売に加え、ロシュ社のグローバルネットワークも活用できるビジネスモデルを有しております。欧米において、ロシュ社との共同開発を推進することにより、中外製薬の開発はより効果的で効率良く実施されています。また、中外製薬の製品をロシュ社の海外ネットワークを通じて販売することが可能となり売上促進効果も期待できるようになりました。

  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする

研究・開発

トップに戻る