中外製薬のニュースリリースは、当社関連の最新情報をステークホルダーの皆様にお伝えするために実施しています。医療用医薬品や開発品の情報を含む場合がありますが、報道関係者や株主・投資家の皆さまへの情報提供を目的としたものであり、これらはプロモーションや広告、医学的なアドバイス等を目的とするものではありません。

2022年03月30日

ロシュ社による、進展型小細胞肺がんを対象とした第III相SKYSCRAPER-02試験最新情報の提供について

News Summary

本資料は、中外製薬と戦略的アライアンスを締結しているエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が3月30日(バーゼル発)に発表したプレスリリースの一部を和訳・編集し、参考資料として配布するものです。正式言語が英語のため、表現や内容は英文が優先されることにご留意ください。
原文は、https://www.roche.com/media/releases/med-cor-2022-03-30をご覧ください。

 ロシュ社は3月30日、進展型小細胞肺がんに対する一次治療として、治験中の抗TIGIT免疫療法チラゴルマブとテセントリク®(アテゾリズマブ)および化学療法(カルボプラチンとエトポシド)の併用を評価した第III相SKYSCRAPER-02試験が、主要評価項目の一つである無増悪生存期間の延長を達成しなかったことを発表しました。もう一つの主要評価項目である全生存期間は、今回の中間解析では達成せず、今後予定している最終解析でも統計学的な有意差に達する可能性は低いと考えられます。試験の結果、チラゴルマブとテセントリクおよび化学療法の併用は忍容性が確認され、チラゴルマブ併用による新たな安全性上の懸念は示されませんでした。試験成績は今後の医学系学会で発表される予定です。

小細胞肺がんについて
 小細胞肺がんは、腫瘍の増殖能が高く、早期に広範な転移が生じるなど進行が早いことを特徴としています1,2。そのため、小細胞肺がん患者さんの3分の2は、がんがすでに体の他の部位に転移している進展型小細胞肺がんと診断されます1

SKYSCRAPER-02試験について
 SKYSCRAPER-02試験は、進展型小細胞肺がん患者490人を対象に、一次治療としてチラゴルマブとテセントリク(アテゾリズマブ)および化学療法の併用と、テセントリクおよび化学療法の併用とを比較した国際共同第III相二重盲検プラセボ対照ランダム化試験です。主要評価項目は、主要解析対象集団(脳転移のないランダム化された全患者)における全生存期間および無増悪生存期間です。主要な副次的評価項目には、ランダム化された全患者における全生存期間と無増悪生存期間、および安全性が含まれています。

チラゴルマブについて
 チラゴルマブは、未修飾のFc領域を有する新規免疫チェックポイント阻害剤です。がんに対する免疫応答を抑制する新規の抑制性免疫チェックポイントであるTIGITに選択的に結合します3。非臨床研究より、チラゴルマブは他のがん免疫療法であるテセントリク(アテゾリズマブ)と共に免疫増強剤として働くと考えられています4。TIGIT経路とPD-L1/PD-1経路は異なりますが、両者は相補的な関係にあります。チラゴルマブとテセントリクによる二重阻害は、免疫抑制の克服と免疫応答の回復に有用である可能性があります3

上記本文中に記載された製品名は、法律により保護されています。

出典
1. ASCO Cancer.net. Lung Cancer – Small Cell (View all). [Internet; cited 2022 March]. Available from: https://www.cancer.net/cancer-types/33776/view-all.
2. American Cancer Society. What is lung cancer? [Internet; cited 2022 March]. Available from: https://www.cancer.org/cancer/lung-cancer/about/what-is.html.
3. Cho BC, Rodriguez-Abreu D, et al. Updated analysis and patient-reported outcomes from CITYSCAPE: a randomised, double-blind, Phase II study of the anti-TIGIT antibody tiragolumab + atezolizumab vs placebo + atezolizumab as first-line treatment for PD-L1+ NSCLC. Presented at: European Society for Medical Oncology (ESMO) Immuno-Oncology Congress 2021; 2021 December 8-11. Abstract #LBA2.
4. Johnston RJ, Comps-Agrar L. Cancer Cell. 2014;26:923-937.

以上

本件に関するお問い合わせ先:
中外製薬株式会社 広報IR部

  • 報道関係者の皆様
  • メディアリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0881
  • mailto: pr@chugai-pharm.co.jp
  • 投資家の皆様
  • インベスターリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0554
  • mailto: ir@chugai-pharm.co.jp
  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)
トップに戻る