中外製薬のニュースリリースは、当社関連の最新情報をステークホルダーの皆様にお伝えするために実施しています。医療用医薬品や開発品の情報を含む場合がありますが、報道関係者や株主・投資家の皆さまへの情報提供を目的としたものであり、これらはプロモーションや広告、医学的なアドバイス等を目的とするものではありません。

2018年12月04日

ヘムライブラ®の小児のインヒビター保有の血友病Aに対する第III相国際共同治験 HAVEN 2試験の主要解析結果を米国血液学会総会(ASH)で発表

 中外製薬株式会社(本社:東京、代表取締役社長 CEO:小坂 達朗)は、血友病A治療薬ヘムライブラ®[一般名:エミシズマブ(遺伝子組換え)]について、小児のインヒビター保有の血友病Aに対する第III相国際共同治験であるHAVEN 2試験(NCT02795767)の主要解析結果を、米国・サンディエゴで開催中の第60回米国血液学会総会(the American Society of Hematology:ASH)(12月1-4日)にて、口頭発表いたしました。本発表には、ヘムライブラの週1回投与における追加フォローアップ期間11カ月(中央値)のデータに加え、新規データとして2週に1回および4週に1回投与での成績が含まれ、それぞれにおいて良好な出血リスクのコントロールを示しました。

 上席執行役員プロジェクト・ライフサイクルマネジメント共同ユニット長の伊東 康は「小児の血友病Aの方々では、出血リスクのコントロールがより重要です。12歳未満のインヒビター保有の方々に対し、ヘムライブラのより長期間にわたる良好なデータが示されたことを大変嬉しく思います」と述べるとともに、「ヘムライブラは50カ国以上で承認されています。今回のデータにより、治療選択肢が限られるインヒビター保有の血友病Aの治療にさらなる貢献が果たせることを願っています」と語っています。

HAVEN 2試験

概要
HAVEN 2試験は、血液凝固第VIII因子に対するインヒビターを保有する12歳未満の血友病A患者を対象に、ヘムライブラを週1回、2週に1回または4週に1回定期的に皮下投与した際の有効性、安全性および薬物動態を評価するオープンラベル多施設共同国際第III相臨床試験です。本主要解析における有効性の評価は、血液凝固第VIII因子に対するインヒビターを保有する12歳未満の血友病A患者85名(ヘムライブラ週1回投与65名、同2週に1回投与10名、同4週に1回投与10名)を対象にしています。なお、観察期間中央値(範囲)は、A群58週(17.9–92.6週)、B群21.3 週(18.6–24.1週)、C群19.9週(8.9–24.1週)でした。

試験デザイン n=85

  • 各群の投与内容は以下のとおり。
    A群
    (n=65)
    ヘムライブラ3mg/kgを週1回、4週間定期投与し、
    その後1.5mg/kgへ用量を変更し週1回の頻度で定期投与
    B群
    (n=10)
    ヘムライブラ3mg/kgを週1回、4週間定期投与し、
    その後3mg/kgを2週間に1回の頻度で定期投与
    C群
    (n=10)
    ヘムライブラ3mg/kgを週1回、4週間定期投与し、
    その後6mg/kgを4週間に1回の頻度で定期投与
  • なお、ヘムライブラの週1回定期投与群(A群)においては、バイパス製剤による定期治療を受けていた患者(n=15)およびバイパス製剤によるオンデマンド治療を受けていた患者(n=3)について、ヘムライブラの週1回定期投与との個体内比較を実施しました。

主な結果

A群
年間出血頻度(回/年)
(95%信頼区間)
年間出血頻度中央値
(回/年)(四分位範囲)
治療を要した出血
(主要評価項目)
0.3
(0.17; 0.50)
0.0
(0.00; 0.00)
全出血 3.2
(1.94; 5.22)
0.6
(0.00; 2.92)
治療を要した特発性出血 0.0
(0.01; 0.10)
0.0
(0.00; 0.00)
治療を要した関節出血 0.2
(0.08; 0.29)
0.0
(0.00; 0.00)
治療を要した標的関節出血 推定不可能 0.0
(0.00; 0.00)
治療を要した出血
B群C群
年間出血頻度(回/年)
(95%信頼区間)
0.2
(0.03; 1.72)
2.2
(0.69; 6.81)
年間出血頻度中央値
(回/年)(四分位範囲)
0.0
(0.00; 0.00)
0.0
(0.00; 3.26)
出血が認められなかった
患者の割合
(95%信頼区間)
90.0%
(55.5; 99.7)
60.0%
(26.2; 87.8)
出血回数が
1-3回であった患者の割合
(95%信頼区間)
10.0%
(0.3; 44.5)
40.0%
(12.2; 73.8)
  • A群において、治療を要した出血が認められなかった患者の割合は76.9%(95%信頼区間:64.8; 86.5)であり、出血回数が1-3回であった患者の割合は23.1%でした。
  • A群において、バイパス製剤による定期治療を受けていた患者(n=15)およびバイパス製剤によるオンデマンド治療を受けていた患者(n=3)の個体内比較を実施したところ、ヘムライブラの週1回定期投与により、治療を要した出血の頻度が99%(95%信頼区間:97.7; 99.4)減少しました。
  • 10%以上の患者で確認された有害事象は、感冒様症状(鼻咽頭炎)(37.5%)、注射部位反応(29.5%)、発熱(23.9%)、上気道感染(23.9%)、咳(23.9%)、下痢(15.9%)、嘔吐(15.9%)、頭痛(14.8%)、挫傷(12.5%)、転倒(12.5%)、インフルエンザ(10.2%)でした。
  • 血栓性微小血管症(TMA)および血栓事象については認められませんでした。
  • ヘムライブラに対する抗薬物抗体(ADA)の発現が4名で認められました。このうち2名では、ヘムライブラの血中濃度が低下し、中和活性を有すると考えられるADAの発現が示唆されました。既に報告されている通り、この2名のうち1名では、ヘムライブラの効果の減弱がみられ、治療中止に至っています。もう1名の患者においては、データカットオフ時点で出血はみられておりません。

 なお、同じくASHにおいて、中外製薬主導で実施した第VIII因子製剤未治療の乳児を含むインヒビター非保有の血友病A患者(12歳未満)を対象にヘムライブラの2週に1回または4週に1回の皮下投与による有効性、安全性および薬物動態を評価するHOHOEMI試験(国内試験)のポスター発表も行いました。

上記本文中に記載された製品名は、法律により保護されています。

以上

本件に関するお問い合わせ先:
中外製薬株式会社 広報IR部

  • 報道関係者の皆様
  • メディアリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0881
  • mailto: pr@chugai-pharm.co.jp
  • 投資家の皆様
  • インベスターリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0554
  • mailto: ir@chugai-pharm.co.jp
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
トップに戻る