中外製薬

本文を印刷する

各位

2018年01月05日

会社名 中外製薬株式会社
代表者名 代表取締役会長 永山 治
  (コード番号 4519 東証一部)
問合せ先 広報IR部長 内田 誠彦
  (TEL 03-3273-0881)
会社名 太陽ホールディングス株式会社
代表者名 代表取締役社長 佐藤 英志
  (コード番号 4626 東証一部)
問合せ先 執行役員管理本部長 尾身 修一
  (TEL 03-5999-1511 (代表))

中外製薬から太陽ファルマへの
長期収載品13製品の資産譲渡実行に関するお知らせ

中外製薬株式会社(以下、「中外製薬」)と太陽ホールディングス株式会社(以下、「太陽HD」)は、2017年11月14日における「中外製薬から太陽ファルマへの長期収載品13製品の製造販売承認譲渡について」にて公表いたしました長期収載品13製品(以下、「本件対象資産」)の譲渡に関し、本日、資産譲渡契約に定められた条件が満たされ、太陽ファルマ株式会社(以下、「太陽ファルマ」)から21,280百万円の支払いが完了し、棚卸資産を除く資産の譲渡が実行されましたので、お知らせいたします。上記の発表において、中外製薬が日本において製造販売を行っている下記の本件対象資産を中外製薬及びF. Hoffmann-La Roche Ltdより太陽ファルマへ譲渡することに合意したことをお知らせしております。

製造販売承認等の移管については2018年4月以降に順次行い、2018年12月末までの完了を予定しており、当該製造販売承認等の移管が完了した際に、棚卸資産の譲渡が実行される予定です。中外製薬及び太陽ファルマは、速やかに製造所移管及び技術移管等に着手し、今後も高品質の製品を安定的に供給できるよう、協力して製造販売承認等の移管を円滑かつ効率的に進めてまいります。

本件が中外製薬の2017年12月期の連結業績に与える影響は想定しておりません。2018年12月期の連結業績への影響については、本年2月に予定している2017年12月期決算発表において、業績予想に含めて公表いたします。

本件による太陽HDの2018年3月期の連結業績への影響は現在精査中です。確定次第、業績予想の修正の開示が必要となる場合は速やかにお知らせいたします。

本件対象資産について
以下の販売名の全剤形が譲渡の対象となっております。

  販売名 薬効分類
1 バクトラミン® 合成抗菌剤/カリニ肺炎治療剤
2 ジゴシン® ジギタリス配糖体製剤
3 オイグルコン® 経口血糖降下剤
4 フルツロン® 抗悪性腫瘍剤
5 グリセオール® 頭蓋内圧亢進・頭蓋内浮腫治療剤/眼圧降下剤
6 カイトリル® 5-HT3受容体拮抗型制吐剤
7 マドパー® パーキンソニズム治療剤
8 塩酸プロカルバジン 抗悪性腫瘍剤
9 ピドキサール® 活性型ビタミンB6製剤
10 レスプレン® 鎮咳・気道粘液溶解剤
11 リボトリール® 抗てんかん剤
12 ロセフィン® セフェム系抗生物質製剤
13 チガソン® 角化症治療剤

上記本文中に記載された製品名は、法律により保護されています。

参考資料
2017年11月14日の発表内容について

以上

本件に関するお問い合わせ先
中外製薬株式会社 広報IR部 メディアリレーションズグループ
Tel: 03-3273-0881
Email: pr@chugai-pharm.co.jp

太陽ホールディングス株式会社 経理財務部 経営企画課
Tel: 0493-61-2706
Email: ir.contact@taiyo-hd.co.jp

[ PDF 155KB]

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。
インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

閉じる