中外製薬のニュースリリースは、当社関連の最新情報をステークホルダーの皆様にお伝えするために実施しています。医療用医薬品や開発品の情報を含む場合がありますが、報道関係者や株主・投資家の皆さまへの情報提供を目的としたものであり、これらはプロモーションや広告、医学的なアドバイス等を目的とするものではありません。

2021年10月22日

業績予想の修正に関するお知らせ

上場会社名 中外製薬株式会社
コード番号 4519(東証1部)
本社所在地 東京都中央区日本橋室町2-1-1
代表者 代表取締役社長 CEO 奥田 修
問い合せ先 責任者役職名 広報IR部長
氏名 笹井 俊哉
電話番号 03(3273)0554

 当社は、最近の業績の動向等を踏まえ、2021年2月4日に開示した2021年12月期の通期連結業績予想を下記のとおり修正することといたしましたので、お知らせいたします。

1. 2021年12月期 通期連結業績予想数値の修正(2021年1月1日~12月31日)

売上収益Core
営業利益
Core
EPS
Core
配当性向
前回発表予想(A) 8,000億円 3,200億円 141.00円 42.6%
今回修正予想(B) 9,700億円 4,000億円 178.00円 未定
増減額(B-A) +1,700億円 +800億円 +37.00円 -
増減率(%) +21.3% +25.0% +26.2% -
(ご参考)前期実績
(2020年12月期)
7,869億円 3,079億円 133.39円 41.2%

2. 修正の理由
 売上収益予想は、前回発表予想から1,700億円の増加となる9,700億円に修正いたしました。
 国内製商品売上高について、ロナプリーブの政府納入に係る今期の売上計上予想額を織り込むとともに、前回発表予想に対し想定を上回って推移しているアバスチン、テセントリクを始め、各製品の進捗及び想定の見直しを反映しております。海外製商品売上高は、主にアクテムラ及びヘムライブラのロシュ向け輸出が前回発表予想から上振れることを想定しており、また、ロイヤルティ等収入及びその他の営業収入についても、アクテムラ及びヘムライブラに関する収入や一時金収入の予想を更新しております。

 Core営業利益予想は、前回発表予想から800億円の増加となる4,000億円に修正いたしました。上記の売上収益予想の修正に加え、製品別売上構成比の期初想定からの変化等による製商品原価率の上昇や、為替影響、製商品売上高及び利益の増加に起因する一部の経費の増加等を織り込んでおります。

 Core EPS予想は、前回発表予想より37.00円引き上げ、178.00円を見込んでいます。
 また、期末配当金予想を未定と修正したため、Core配当性向予想についても未定と修正しております。

 なお、今回修正予想の前提となる通期の想定為替レートは1スイスフラン=117円、1ユーロ=130円、1米ドル=107円、1シンガポールドル=81円に変更しております。

以上

本件に関するお問い合わせ先:
中外製薬株式会社 広報IR部

  • 報道関係者の皆様
  • メディアリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0881
  • mailto: pr@chugai-pharm.co.jp
  • 投資家の皆様
  • インベスターリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0554
  • mailto: ir@chugai-pharm.co.jp
  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)
トップに戻る