2016年05月26日

中外創製品として初
バイスペシフィック抗体ACE910(emicizumab)第I相臨床試験の血友病A患者パートの結果がThe New England Journal of Medicine電子版に掲載

中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/代表取締役会長 最高経営責任者:永山 治]は、血友病Aを対象として開発中のバイスペシフィック抗体emicizumabに関し、第I相臨床試験(ACE001JP試験)のうち、血友病Aの患者さんを対象としたパートの結果が、2016年5月25日付(現地時間)でThe New England Journal of Medicine(NEJM)電子版に掲載されましたので、お知らせいたします。本試験は、emicizumabを血友病A患者さんに投与した最初の臨床試験であり、週1回の皮下投与で血液凝固第VIII因子のインヒビター保有の有無に関わらず、臨床上許容可能な安全性プロファイルと出血抑制効果が認められました。
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1511769

ACE001JP試験の患者パートは、血液凝固第VIII因子に対するインヒビター保有/非保有の日本人の血友病A患者さん18例を対象に、emicizumabの安全性および出血抑制を目的とした定期投与の有効性について、探索的な検討を行うために実施しました。本剤の3用量について、12週間、週1回の皮下投与を行ったオープンラベル試験です。本臨床試験の成績は、2014年12月8日に、米国・サンフランシスコにて開催された第56回米国血液学会総会(The American Society of Hematology:ASH)においても発表しています。

中外製薬 取締役上席執行役員の田中 裕は、「現在の治療薬の頻回な静脈内投与とインヒビターの発現は、血友病Aの治療を困難にする大きな課題です」と述べるとともに、「今回の試験結果は、emicizumabが週1回の皮下投与でインヒビター保有の患者さんに対しても効果があることを示すものであり、血友病Aのアンメットメディカルニーズを満たす新しい治療選択肢となることが期待できます」と語っています。

Emicizumabは、米国食品医薬品局(Food and Drug Administration:FDA)より2015年9月に画期的治療薬(Breakthrough Therapy)に指定されており、現在、戦略的アライアンスを提携しているロシュ社と共同でインヒビター保有患者さんに対する第III相国際共同治験を実施しています。さらに、本年中にはインヒビター非保有患者さん、小児の血友病A患者さんを対象とした第III相国際共同治験をそれぞれ開始する予定です。

なお、ACE001JP試験の健康成人パートの結果については、2015年12月1日付でASHが発行する学術専門誌“Blood”電子版に掲載されています。
http://dx.doi.org/10.1182/blood-2015-06-650226

【試験デザイン概要】

投与群 症例数 用量
インヒビター
保有症例
インヒビター
非保有症例
コホート1 4 2 1*,0.3** mg/kg
コホート2 4 2 3*,1** mg/kg
コホート3 3 3 3 mg/kg

*初回投与量,**2回目以降投与量

【試験成績について】

  • 安全性については、12週間のemicizumab投与期間中、2例に中等度の上気道感染および頭痛が認められ、その他の有害事象は全て軽度でした。臨床上問題となる過凝固を示唆する臨床検査値の異常や臨床所見は認められず、emicizumab投与期間中の出血エピソードに対して血液凝固第VIII因子製剤もしくはバイパス製剤を用いた止血治療が併用された症例においても、血栓塞栓性の有害事象は認められませんでした。注射部位紅斑が発現したためにemicizumabの投与を中止した患者さんが1例認められ、重症度は軽度と判断されました。12週間の投与期間中に抗emicizumab抗体の発現は認められませんでした。
  • 有効性については、12週間のemicizumabの投与により、インヒビターの有無に関わらず、全てのコホートにおいて出血抑制効果が認められました。Emicizumab投与期間中に全く出血エピソードを認めなかった症例は13例でした。各コホートにおけるemicizumab投与前後の年間出血頻度(annualized bleeding rate:ABR)の中央値は以下のとおりです。

<年間出血頻度の中央値>

投与群 年間出血頻度の中央値(回/年)
試験登録前6カ月間 Emicizumab投与期間中
コホート1 32.5 4.4
コホート2 18.3 0.0
コホート3 15.2 0.0

以上

本件に関するお問い合わせ先:
中外製薬株式会社 広報IR部

  • 報道関係者の皆様
  • メディアリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0881
  • mailto: pr@chugai-pharm.co.jp
  • 投資家の皆様
  • インベスターリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0554
  • mailto: ir@chugai-pharm.co.jp
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
トップに戻る