2016年05月16日

北京大学の医学生支援を目的とした
「北京大学仲外医学基金」への寄付について

中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/代表取締役会長 最高経営責任者:永山 治](以下、中外製薬)は、社会貢献活動の一環として、北京大学教育基金会[事務局:中国北京市/代表 秘書長 邓娅先生]内の「北京大学仲外医学基金」に対し、2016年より3年間の寄付を実施することを決定いたしました。

「北京大学仲外医学基金」は、北京大学医学部に通う医学生(本科学生および修士科学生)への教育支援を目的に、中外製薬からの寄付を受け入れるため、北京大学医学部と中外製薬の協力により2013年に設立されました。

このたびの寄付に際し、代表取締役副会長の上野 幹夫は、「2013年の基金設立後、これまでに総額210万元が同基金を通じて医学生の支援に役立てられています」と語るとともに、「継続的な支援により、北京大学医学部における人材育成のさらなる充実が果たされ、さらに、北京大学医学部が保有する世界レベルの知見ならびに技術が、国内外の医療に広く役立てられることを期待しています」と述べています。

中外製薬は、本基金への寄付により将来有望な医療関係者の育成支援を推進し、中華人民共和国の医療の発展、そして同国の皆様の健康に貢献していきます。

【寄付の概要】

1. 寄付金額:210万元(70万元/年)
2. 期間:2016年より3年間
3. 北京大学仲外医学基金の主な使途:

・医学生に対する奨学金
・医学部若手教師に対する奨教金
・血液病学研究分野の人材育成に対する奨励金

以上

本件に関するお問い合わせ先:
中外製薬株式会社 広報IR部

  • 報道関係者の皆様
  • メディアリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0881
  • mailto: pr@chugai-pharm.co.jp
  • 投資家の皆様
  • インベスターリレーションズグループ
  • Tel:03-3273-0554
  • mailto: ir@chugai-pharm.co.jp
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
トップに戻る