STRONG POINTSTRONG POINT

A GREAT CHALLENGE

革新的な新薬を継続的に提供する日本のトップ製薬会社となるために。
ここでは私たちが持つ、強みについてご紹介します。

国際競争力,国際競争力,研究開発体制

国際競争力

ロシュ社との戦略的提携で、
世界で戦える企業となった、中外製薬

ヨーロッパの巨大製薬企業、ロシュ社、バイオ医薬品の開発で世界をリードする米国ジェネンテック社との日・米・欧三極での協力体制を基盤に、中外製薬はパイプラインの充実や開発期間のスピードアップなどを可能にしています。

ロシュ社とのアライアンスは、日本の製薬企業の「新しいビジネスモデル」として、当時英国の業界誌などから高い評価を受けました。それは、両社が独立した自主経営を行いながらも、戦略面ではお互いをパートナーとして、機能的な相互強化と相互補完を進めながら、事業を拡大していくというビジネスモデルであったため。世界で戦うための基盤が整った今、中外製薬は、革新的な医薬品を継続的に提供し、日本のトップ製薬企業を目指し突き進んでいます。

研究開発力

他社に先がけ
バイオテクノロジーに着目した先見性

多くの国内企業が、まだバイオ医薬品に着目していなかった1980年代から、中外製薬はバイオテクノロジーを活用した医薬品の研究開発に取り組んできました。実はバイオ医薬品の開発には、それまでとは異なる技術力やノウハウが必要となります。中外製薬は、遺伝子工学技術の確立、そして抗体工学、発生工学、たんぱく質生産技術などの高度技術に精通し、総合的なゲノム抗体創薬の研究開発を実現。

いまや、バイオ医薬品の日本におけるパイオニアとまで言われる存在になっています。その成果の一つが、2005年に発売された、国内初の抗体医薬品「アクテムラ」の創生です。また、抗体医薬などのバイオ医薬品生産には、一定の品質を確立するまでに高度な技術、長年のノウハウの蓄積が必要で、容易に参入できない点も大きな特徴です。私たちは、これからも持ち前の技術力を武器に、人々が期待する革新的な医薬品を市場に送り出していきます。

  • 創薬について
  • 開発パイプライン

研究開発体制

3つの研究所を中核拠点とし
それぞれの機能を有機的に連携し、研究開発を推進
  • 富士御殿場研究所バイオ医薬品の研究開発ネットワーク中核として、ゲノム抗体創薬研究をはじめ、低分子医薬品の研究(腎臓、代謝領域、骨・関節領域、免疫領域などの創薬研究)、製品化された既存品の特製開発研究、製品育成研究を行っています。
  • 鎌倉研究所がんや感染症(HCV)に特化した創薬研究、既存品の特性開発研究、製品育成を行っています。
  • 浮間研究所新規開発医薬品の工業化検討・治験薬製造を行っています。国内外の活用、国内外の大学・研究機関との共同研究、国家プロジェクトへの参加、他社との技術提携・共同研究など、独自ネットワークの強化を推進。
ロシュ社との協働による
研究開発の相乗効果
ロシュ・グループのネットワークを活用することにより、グローバルな研究開発体制を実現しています。ロシュ・グループの研究センターやジェネンテック社(米国)との緊密な情報交換を行い、研究開発のポートフォリオも情報シェアすることにより、グループ内での研究開発における重複を避け、共同開発、開発候補品の導出、導入を戦略的に進めています。こうした体制により、有望な新薬の早期発見、開発期間の短縮化を可能としています。創薬基盤技術の共同活用、人財交流も活発に行い、さらなる革新性を追求できる体制を整えています。
国内外のサテライト研究所
中外製薬では創薬開発の短期化、革新的研究開発テーマの連続的創出を目的として、サテライト研究所を設置しています。
国内の未来創薬研究所(東京都目黒区)はがん及び生活習慣病の治療薬・診断薬の標的分子探索をおこなう学際的 な研究所とし、東京大学先端技術研究センター(先端研)に隣接した駒場オープンラボラトリー内に研究拠点をおいています。この環境は、先端研との共同研究 において得られる遺伝子発現解析情報、メカニズムベースの研究成果やアイデアをインキュベーションする場ならびにフィジビリティースタディを行う場を提供 して、標的候補分子の迅速かつ系統的な解析・評価を可能としました。
中外ファーマボディ・リサーチ社(シンガポール)は、中外製薬が保有する独自の新規抗体創製技術を活用し、治療効果を飛躍的に高める可能性のある抗体医薬品候補を迅速かつ効率的に創製することを目的としています。 C&Cリサーチラボラトリーズ社(韓国)は標的探索研究に加え、柔軟性に富んだ合成化学機能を軸として創薬研究を遂行しています。
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
トップに戻る