2021年12月28日

がんゲノム医療についての教育プログラム動画「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」を公開

当社は、患者さん一人ひとりにあった最適な治療の実現に向け、関心が高まりつつあるがんゲノム医療について、理解を深め、活かしていただくための教育プログラム「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」を、当社公式YouTubeにて公開いたしました。さらに2022年は上級編を制作予定です。

「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」初級編

がんゲノム医療を初めて聞く方、聞いたことはあるけれど詳しく学ぶのは初めての方を対象に、アニメーションでがんゲノム医療について解説しています。

  • 1. がんゲノム医療とは
  • 2. がんの原因と遺伝子
  • 3. 遺伝子変異に合わせたがん治療とは
  • 4. がん遺伝子パネル検査とは
  • 5. がんゲノム医療の取り組み

「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」中級編

専門医の先生方によるご講演から構成されており、がん患者さんやご家族に向けて、治療や検査の参考にしていただきたい知識や情報をお伝えしています。

  • 1. がん患者さんが自身の治療に参画するために必要な「患者力」
  • 2. 治療の基礎知識
  • 3. がんゲノム医療の提供体制と、がん遺伝子パネル検査の流れ
  • 4. 遺伝カウンセラーからみるがんゲノム医療
  • 5. 希少がん情報も含めたがんゲノム医療の最前線

制作にご協力いただいた方からのコメント

一般社団法人 日本希少がん患者会ネットワーク理事長 眞島 喜幸氏

がんゲノム医療においては、がん遺伝子パネル検査が保険収載されたことにより、患者さん一人ひとりのがんの特徴にあわせた最適な治療法を選択できる可能性が出てきました。
一方、患者さんがゲノム医療へアクセスしようとすると決して容易ではありません。パネル検査を受けることができるのは標準治療がない、または終了(見込みを含む)した場合となっており、検査の結果、遺伝子変異に基づいた治療法がある患者さんも限られているのが現状です。
また、すべての医療機関でパネル検査やゲノム医療を受けられるわけではないため、ゲノム医療について正しく知り、理解を深めておくことが、患者さんご自身やご家族がパネル検査やゲノム医療について相談したいと思ったときに重要となってきます。
がん患者さんやご家族の皆さまには、ぜひこの教育プログラムでゲノム医療について学び、活かしていただきたいと思います。


動画は上記画像に掲載の二次元コードおよび以下のリンクよりご覧いただけます。
中外製薬公式YouTube 「学ぼう!活かそう!がんゲノム医療」

  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)
トップに戻る