中外製薬

本文を印刷する

各位

2012年12月14日

上場会社名 中外製薬株式会社
コード番号 4519(東証 第一部)
本社所在地 東京都中央区日本橋室町2‐1‐1
代表者 代表取締役会長 永山 治
問い合せ先 責任者役職名 広報IR部長
  氏名 内田 誠彦
  電話番号 03(3273)0881

国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ

中外製薬株式会社[本社:東京都中央区/代表取締役会長 最高経営責任者:永山 治](以下、中外製薬)は、今般2013年12月期決算から連結財務諸表及び連結計算書類に国際会計基準(以下、「IFRS」)を任意適用することを決定し、2013年第1四半期からIFRSに基づき開示を行うことにいたしましたのでお知らせいたします。

中外製薬グループは国内外において革新的な新薬を提供することを目指し、国外においても医薬品の販売や研究開発活動を実施し、また医薬品バルクの輸出入を行うなど、国際的な事業活動を継続的に行ってまいりました。また、ロシュグループの一員として、国際的な認知度も飛躍的に上昇し、国内外において幅広い株主の皆さまのご支援を頂くに至っております。こうした状況を踏まえ、投資家の皆さまの利便性の観点から財務情報の国際的な比較可能性の向上を図るべく、今般IFRSの任意適用を行うこととしたものです。
なお、IFRSの適用による影響等につきましては、補足資料「IFRSによる財務報告について」をご覧下さい。

補足資料

IFRSによる財務報告について [ PDF 459KB]

[ PDF 105KB]

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。
インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

閉じる