ホーム > 株主・投資家の皆さま > 経営方針 > CEOメッセージ

CEOメッセージ

代表取締役会長 永山 治  代表取締役社長 最高経営責任者(CEO) 小坂 達朗

中外製薬は、たゆまぬ変革を通じて独自のビジネスモデルと技術基盤を確立し、発展を遂げてきました。激動するヘルスケア産業において、イノベーションの追求こそが価値創造を実現し、世界の患者さんに貢献し続けるための道となります。中外製薬は今後も人財を最大の資産とし、イノベーションを通じて中長期にわたる成長を果たしてまいります。

中外製薬では、2018年3月22日にCEOが交代しました。ここでは、同日までCEOを務めていた代表取締役会長の永山と、新たにCEOに就任した代表取締役社長の小坂による対談形式で、ステークホルダーの皆さまにメッセージをお届けします。

革新的な医薬品を届けるため、自らを変革する。

永山

病気に苦しむ方々に、革新的な医薬品を届け続けること。これが私たちの使命です。

優れた薬で医療に貢献したいという創業の精神を脈々と受け継ぎながら、その実現のため、時代や社会の要請に応じて自らを変革してきたことが、持続的な成長の理由だと思います。

小坂

確かに、90余年の歴史の中で、社会や事業環境の変化に対応し、中外製薬のビジネスモデルは大きく変わってきました。特に、現在のビジネスモデルの礎となったターニングポイントは、2002年のロシュとの戦略的アライアンスです。

永山

疾患に国境はありません。中外製薬の存在意義は、アンメットメディカルニーズ*1を満たす革新的な医薬品の創製にありますが、その価値を世界の患者さんにお届けしなければ、役割を果たすことはできません。しかし、新薬開発に伴う莫大なコストを一社でまかなうことには限界があります。ロシュ・グループのメンバーでありながら、日本で上場を維持して自主経営を続けるこのユニークなアライアンスは、研究開発型企業として独自にイノベーションを追求し続けるための決断でした。

2017年でアライアンス15周年を迎え、提携前の中外製薬と比べ、売上収益・営業利益は3倍以上*2に拡大しました。これはアライアンスを通じて実現したビジネスモデルの価値を証明するものだと考えています。

*1  いまだに有効な治療方法がなく、十分に満たされていない医療ニーズ
*2  2017年末時点

独自のビジネスモデルの構築が、グローバル成長を実現。

小坂

この15年間は、大きく3つの時期に分けられます。第1フェーズである2008年までは、新生・中外としてグローバルレベルの経営の実現に奔走した期間。ロシュが世界で展開する製品群の、日本における臨床開発・申請・発売を同時並行で進めるとともに、事業規模の拡大に応じた体制整備も行っています。

この時期に事業基盤が確立されたことで、第2フェーズとなる2009年から2014年は、「トップ製薬企業像」の実現に向けてアクセルを踏み込むことができるようになりました。

永山

2009年に経営の基本目標として「トップ製薬企業像」を策定しました。

企業価値の源泉は、尽きるところ「人財」です。2002年のアライアンス以降、事業が急速に拡大した一方で、社員の意識が追いつかない面がありました。

他社に追随するのではなく、自分たちで高い目標を掲げ、リーディング・カンパニーとしての自覚と誇りを持って業務に取り組むマインドセットの醸成が、次の課題でした。そこで「トップ製薬企業」という目標を掲げたのです。

目指す姿を明確にし、個々の社員の自律的な変革が促されたことで、その後、活動の水準は一段と高まりました。

トップ製薬企業の定義(2010年代後半に実現を目指す企業像)
小坂

そして、2015年から現在までが第3フェーズ。「トップ製薬企業」という目標は社員に定着し、中期経営計画IBI 18のもとで、グローバルトップクラスの競争力の獲得・発揮を通じ、自ら新たな分野にチャレンジしていくことを目指しています。

永山

アライアンス後の成長を振り返ると、徹底したイノベーションの追求と、2つのエンジンを持つ中外製薬ならではの収益構造に支えられてきたと思います。

一つは「ロシュ導入品」。ロシュ・グループが創製した画期的な新薬を国内で独占販売することで、安定的な収益基盤となります。これにより、もう一つの成長エンジンである「自社創製品」の研究活動では、よりチャレンジングで革新的なプロジェクトに挑戦できます。こうして生まれた革新的医薬品が、ロシュ・グループを通じてグローバル市場に展開され、さらなるイノベーション追求の原資となるのです。

業界屈指の創薬力を背景に、大きな価値創出を実現。

永山

中外製薬の創薬力は、ロシュ・グループにとっても大きな成長の原動力です。2つの自社創製品がグループの収益ドライバーとなり、また、ロシュ・グループ全体で19*3のBreakthrough Therapy指定(BT指定)*4のうち、5つ*3が中外製薬の創製であるという事実は、当社がイノベーションを生み出す力の高さを示すものでしょう。

*3  2018年2月1日時点
*4  重篤または致命的な疾患や症状を治療する薬の開発および審査を促進することを目的に、2012年7月に米国食品医薬品局(FDA)が導入した制度
小坂

小坂 IBI 18の2年目となる2017年は、今後の中外製薬を占ううえで転換点となる一年でした。収益では過去最高の業績を残し、トップ製薬企業像として掲げる定量・定性目標も、手の届くところまできています。

戦略面でも、最重要成長ドライバーである自社創製品エミシズマブが、日・米・欧の同時申請を経て、インヒビター保有の血友病Aを対象に米国で世界初の発売を果たしたことは、極めて大きな成果です。当社独自のバイスペシフィック抗体技術により創製されたエミシズマブは、ロシュ・グループのネットワークを通じ、迅速なグローバル開発・上市を実現しました。まさに、当社の強みであるビジネスモデルを体現するプロジェクトです。

2018年は、IBI 18の最終年度です。薬価改定をはじめとする厳しい環境変化が予想されていますが、創薬、臨床開発、製薬、ソリューション提供の全機能で戦略を完遂し、3年間の集大成として成果の拡大を果たす一年としていきます。

産業構造変化への対応策は、イノベーションの追求のみ。

小坂

当社は独自のビジネスモデルや技術基盤を背景に成長を続けていますが、AIやIoT、ナノテクノロジーといった破壊的技術により、社会に根本的な変化をもたらしうる技術革新が進んでいます。これに加え、少子高齢化、公的債務拡大などの持続可能性の危機より、これまでにない速く激しい変化の時代が到来するでしょう。ヘルスケア産業においても、技術革新による新需要の創出と並行し、異業種の参入による競争激化や、世界的な医療費抑制策の一層の進展は必至です。

中外製薬が将来にわたって価値創出を続けるための道はイノベーションの追求にあり、強みを最大に活用しつつ、産業構造の変化に布石を打っていかなくてはなりません。従来の枠を超えた発想がなければ、イノベーションを生み出し続けることはできません。製薬による高度な医療の実現、「The Pill」を中核としながら、「Around the Pill」とも呼ぶべき医薬品を取り巻くソリューションや、医薬品を超えた領域としての「Beyond the Pill」も視野に、イノベーションのチャンスとして取り入れていきたいと考えています。

現在、次期中期経営計画を策定中です。具体的な成長戦略は、この発表時にお示しする予定です。

新CEOの体制で、連続的なイノベーションと企業価値向上を目指す。

永山

永山 2017年は、中外製薬にとって大変意義深い年でした。これまでの取り組みが結実し、ロシュとのアライアンスは15周年を迎え、私自身にとっても、社長就任から25年という節目でした。そして、2018年は、トップ製薬企業のゴールが近づくとともに、次の中期経営計画を策定する年です。CEO交代の良いタイミングと考え、小坂さんにCEOの職を引き受けていただきました。私は取締役会議長として経営の監督に注力し、トップ製薬企業としての、ESGの視点も踏まえた企業価値向上を実現していきたいと思います。

小坂

CEO交代の話を聞いたときは、非常に驚きましたが、大きな責任とやりがいを感じています。

イノベーションを追求し、患者さんと社会に貢献していく。この鍵が人財であることは間違いありません。7つのグローバルコンピテンシーを人財像の軸とし、生産性、ダイバーシティ、ワークライフシナジーの連環を図ることで、優れた人財が自己の能力をのびのびと最大限に発揮できる会社にしていきたいと思います。私が最も大切にしたいのは、明るく、楽しく、前向きな企業風土の形成です。こうした風土こそがイノベーションを可能とし、挑戦を育む土壌だと考えています。

中外製薬は、今後も人財を最大の資産とし、イノベーションを続けることで、企業価値を高めてまいります。今後の中外製薬に、ぜひご期待ください。