ホーム > 株主・投資家の皆さま > 個人投資家の皆さまへ > 独自の技術

独自の技術

中外製薬では革新的な自社創製品を継続的に提供するために、自社独自の強みとグローバルネットワークを最大限に活用し、抗体医薬、低分子医薬のバランスのよい新薬創出活動を展開しています。また、開発した独自技術の価値を最大化するために、技術にさらに磨きをかけ、別の創薬標的分子に応用しています。「アンメットメディカルニーズに挑戦する独自の技術開発」⇒「革新的治療薬の開発」⇒「技術を応用した創薬」の流れが繰り返されることによって、ファーストインクラス*1、ベストインクラス*2の新薬を連続的に創出することが可能となります。

*1  新規性・有用性が高く、これまでの治療体系を大幅に変えうる独創的な医薬品のこと
*2  標的分子が同じなど、同一カテゴリーの既存薬に対して明確な優位性を持つ医薬品のこと

革新的な抗体技術の創製

中外製薬の研究部門では、アンメットメディカルニーズに向き合い、ニーズを満たすために新しい技術を開発してきました。研究技術の画期的な進化により、従来の抗体技術の常識を打ち破った技術を次々と開発しています。「リサイクリング抗体®」技術、「スイーピング抗体®」技術、「バイスペシフィック抗体」技術の開発はその代表例です。また、抗体改変技術・低分子に続く次世代のコア技術候補として、中分子技術を選択し、集中投資による技術確立とプロジェクトの早期創出を目指していきます。

SMART-Ig® (Sequential Monoclonal Antibody Recycling Technology – Immunoglobulin)

従来の技術で創製された「通常抗体」は、いかに標的抗原に対する親和性が高くても、①抗原に一度しか結合することができない、②抗原に結合するだけで抗原を血液中から除去することはできない、という2つの限界がありました。中外製薬が開発した「SMART-Ig®」は、この2つの限界を克服し、従来では狙うことのできなかった標的抗原をターゲットとすることや、「通常抗体」では達成しえなかった製品プロファイルを実現することを可能にする、全く新しい技術です。

詳しくは「SMART-Ig®(リサイクリング抗体®創製技術)」をご覧ください。
抗体が抗原に繰り返し結合することで抗体が作用する時間を延ばす「リサイクリング抗体®」を創製する技術

詳しくは「SMART-Ig®(スイーピング抗体®創製技術)」をご覧ください。
病気の原因となる抗原を血漿中から除去する「スイーピング抗体®」を創製する技術

ART-Ig® (Asymmetric Re-engineering Technology - Immunoglobulin)

2種類の異なる抗原と結合できる「バイスペシフィック抗体」の工業生産を可能にする技術です。2種類の抗原の同時結合による薬効増強や、2種類の抗原をつなぐことによる薬効発現といった多様な薬効の発揮が期待されています。

詳しくは「ART-Ig®(バイスペシフィック抗体生産技術)」をご覧ください。

抗体医薬とともに

抗体医薬のメカニズムと中外製薬が開発した次世代抗体技術を映像でご紹介します。