中外製薬の歩み

「すべての革新は患者さんのために」この事業哲学を育んだ中外製薬の歴史を紐解きます。

中外製薬はロシュ社との戦略的提携契約に基づき2002年に日本ロシュと合併しました。

  • 中外製薬の歩み
  • 日本ロシュの歩み
1960
1961
薬事法・薬剤師法公布
国民皆保険体制が確立
1960
中外製薬

綜合研究所建設(東京都・高田研究所)(9月)

1960
日本ロシュ

太田工場完成

1965
中外製薬

免疫細胞を活性化するOK-432(後の「ピシバニール®」)の共同研究を金沢大学と開始

1966
中外製薬

上野公夫、代表取締役社長に就任(4月)

1966
日本ロシュ

新卒者採用を開始

1967
中外製薬

福島化成(株)設立(10月)

1967
日本ロシュ

本社、国際ビルに移転。
鎌倉工場建設(神奈川県)

1969
中外製薬

福島化成(株)が福間化成を吸収合併し、商号を永光化成(株)に変更(11月)

1970
日本ロシュ

J・J・デュプリ、代表取締役社長に就任

1971
中外製薬

藤枝工場建設(静岡県)(3月)

1971
日本ロシュ

袋井工場建設 試薬部門創設

1973
日本ロシュ

A・F・ロイエンベルガー、代表取締役社長に就任

1975
中外製薬

抗悪性腫瘍剤・リンパ管腫治療剤「ピシバニール®」発売(10月)

1979

この年代の転機となったできごとについて詳しく見る

  1. 大衆薬から医療用医薬品へ(1960〜1970年代)
  • シェア(別ウィンドウで開く)
  • ツイート(別ウィンドウで開く)
  • Lineで送る(別ウィンドウで開く)
  • メールする(メールソフトを起動します)

中外製薬の歩み

トップに戻る