ESGカテゴリから探す

中外製薬は、企業活動とESGの関係において、「Social/社会」はミッション実現に向けた中外製薬の事業活動そのもの、「Environmental/環境」はミッションの長期持続的な実現のための活動として、全社的に地球環境保全への貢献を目指すこととしています。「Governance/コーポレート・ガバナンス」においては、ロシュ・グループの一員であり、かつ独立した上場企業として経営の自主性・独立性を確保し、さまざまなステークホルダーの負託に適切かつ公平に応えるべく、リスク管理やコンプライアンス推進に努めています。また、人財こそが価値創造の源泉との考えのもと、人財マネジメントも重視しています。

Environmental環境

1推進体制・目標

中外製薬グループでは、環境保全と従業員の安全衛生は、世界の医療と人々の健康への貢献というミッション実現を支える重要な活動ととらえています。また、環境保全と安全衛生は密接につながっていることから、これらを効率よく推進するため両者を統合したマネジメント体制を構築し、各基本規定を定め、事業所ごとに環境保全および安全衛生活動のPDCAサイクルを回すことで、持続的な成長の実現を目指しています。

関連情報

2気候変動リスクの低減

中外製薬グループは、気候変動を製品安定供給における重大なリスクの一つととらえ、温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。具体的な施策である「エネルギー消費量の削減」、「営業車両へのハイブリッド車」、「高燃料効率車導入の推進」、「特定フロン(クロロフルオロカーボン類、およびハイドロクロロフルオロカーボン類)全廃に向けた使用量削減」に目標を設定し、推進しています。

関連情報

3省資源・廃棄物管理

中外製薬グループでは、省資源・廃棄物管理を、地球資源の持続的活用に資するだけでなく、事業活動のコスト低減につながる活動ととらえています。そこで、「従業員一人当たりのエネルギー使用量の削減」、「オフィスにおける紙購入・使用の削減」、「工場・研究所における産業廃棄物再資源化率の向上」などの項目に対して設定した定量・定性的な目標達成を通じ実現できると考えています。

関連情報

4化学物質管理

中外製薬グループは、研究-開発-生産の現場で取り扱う化学物質による健康被害を予防するため、10年以上前から、リスクアセスメントに基づき適切な作業環境を整備してきました。また、排気、排水、廃棄物による環境汚染を防ぐため、適切な廃棄処理に努めています。さらに、製造委託などの社外関係先における安全確保に積極的に協力するため、必要な安全情報の提供や取扱い方法の協議を継続的に行っています。

関連情報

5生物多様性保全

中外製薬グループでは、事業活動が及ぼす生物多様性保全における影響を、生態系・種・遺伝子という3つのレベルで把握・低減していくことが重要であると考えます。特に、排水による影響を注視すべきととらえ、事業用排水における水棲生物への影響を定期的にモニタリングしています。

関連情報

6水リスクの評価と水資源の利用

製薬企業にとって、水は重要な原材料の一つであり、世界的にも重要な資源と位置づけられていることから、中外製薬グループでは、用水量・排水量を毎年モニタリングし、水資源の有効利用への意識醸成を図っています。供給面では、ほとんどの工場立地が日本国内であるため、供給リスクは小さいととらえていますが、異常気象による洪水リスクなどに備え、複数調達ルートの確保や製品の分散保管などの対策を講じています。

関連情報

Social社会

1医薬品に対する信頼性の確保

中外製薬では、有効性・安全性に優れた高品質な製品・サービスを提供していくため、グローバルレベルの医薬品品質システムを構築し、開発から生産までの一貫したGMP管理を実施しています。医薬安全性については、適正使用を推進し患者さんに安心をお届けするために、安全性情報の収集・評価・分析から提供まで、一貫した安全監視体制の整備に努め、業界を牽引しうる新たな取り組みにも注力しています。

関連情報

2サプライチェーンマネジメント

世界の医療と人々の健康に貢献するため、中外製薬にとって、取引先は欠かすことのできない協力パートナーです。世界に広がる取引先と協働し、強固なサプライチェーンを構築・維持していくことが重要と認識しています。購買活動の適正化とともに、取引先との健全な取引関係の構築を目的として中外製薬グループ購買ポリシーや購買倫理規程を定めています。

関連情報

3顧客に対する責任

中外製薬は、革新的で高品質な医薬品を創製するとともに、それらが適正に使用されることにも大きな責任を担います。そのため、医療従事者が活用しやすい、質の高い情報とサービスを適時・的確に提供するべく努めています。また、医療はあくまでも患者さん中心であることから、最適な医療を受けやすい環境整備に向け、各医療機関や行政との連携活動や、患者さんのサポート活動についても積極的に取り組んでいます。

関連情報

4人権とステークホルダーコミュニケーション

中外製薬では、企業の社会責任を果たしながら持続的成長を実現するために、すべてのステークホルダーとの間で相互理解を深め、信頼関係を構築していくことが重要との認識のもと、各ステークホルダーの価値観や権利を尊重しながら、事業活動を推進するよう努めています。なかでも、行動規準である中外BCGにおいても「人権の尊重」の重要性を掲げており、臨床試験やヒト由来試料、情報を用いた創薬研究においても、人権を尊重した取り組みを行っています。

関連情報

5社会貢献活動

中外製薬グループでは、行動規準である中外BCGでも「社会貢献活動」の重要性を掲げ、よき企業市民としての役割と責任を自覚し、地域や社会との連携を保ちながら、社会貢献活動を積極的に推進しています。また、従業員一人ひとりが行う社会貢献活動についても、これを推奨し、支援しています。

関連情報

Governanceコーポレート・ガバナンス

1企業理念

中外製薬グループは、ステークホルダーの多様な期待に応える企業像を実現し、企業の社会責任を果たすべく、自らの存在意義(Mission)、価値観(Core Values)、目指す姿(Envisioned Future)をミッションステートメント(=企業理念)として掲げています。

また、ミッション(存在意義)実現に向けた事業活動の展開と、行動規準としての中外ビジネス・コンダクト・ガイドライン(中外BCG)の実践が、私たちのCSR(企業の社会責任)であると考えています。

関連情報

2イノベーション

中外製薬が将来にわたって価値創出を続けるためには、何よりもイノベーションの追求が不可欠です。ロシュとのアライアンスを背景に、革新的な研究に経営資源を集中投下できるという特徴を活かし、従来の枠を超えた発想でアンメットメディカルニーズに対応する新薬を生み出し続けることこそ、中外製薬の存在意義であり、 世界の患者さんへの貢献につながるものだと考えています。

関連情報

3コーポレート・ガバナンス

中外製薬グループは、ロシュ・グループの最重要メンバーとして、国内外において革新的な新薬を継続的に提供する日本のトップ製薬企業となることを経営の基本目標としています。

この経営の基本目標の実現に向け、ロシュ・グループの一員でありながら、独立した上場企業として経営の自主性・独立性を確保しつつ、さまざまなステークホルダーの負託に適切かつ公平に応えるため、「中外製薬株式会社 コーポレートガバナンス基本方針」の定めるところにより、コーポレート・ガバナンスの充実に継続的に取り組みます。

関連情報

4コンプライアンス、リスク管理

中外製薬グループは、「企業倫理は業績に優先する」という考えのもと、透明かつ公正で高い倫理性を持った企業活動に努めています。また法令遵守はもとより、社会からの期待に応えることをコンプライアンスととらえ、より高度なコンプライアンス実現を目指しています。リスク管理についてはリスク管理体制を整備し、リスクの低減やトラブルの未然防止および発生時における迅速・適切な対応に努めています。

関連情報

5人的資源の開発

中外製薬では、人財こそが企業の成長・発展を生み出す、かけがえのない資産ととらえています。人財力向上に向けて、PDCAサイクルを回す取り組みを進めるとともに、人財と能力の可視化を通じて人財育成を強化すべく、タレントマネジメントに注力しています。また、多様な価値観や専門性が革新を生み出すとの考えのもと、互いを尊重し合い、働きがいと成長を実感できる組織風土の醸成を目指し、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。これらの取り組みに加え、生産性・効率性を高めながら、個人のライフスタイルに合わせて働き続きられるよう新しい働き方の取り組みも進めています。

関連情報

6健康経営

中外製薬グループでは、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、元気に、そして働きがいとやりがいを持って仕事に取り組める環境こそ、成長の基盤であるととらえ、健康経営に取り組んでいます。安全の確保と労働災害の防止、健康の保持増進、メンタルヘルス対策、活力ある健全な職場環境の形成を重点テーマと定めるとともに、これらの取り組みを加速すべく「健康宣言」を掲げ、取組方針、重点項目、目標を公表しています。

関連情報

企業情報サイト