2017年リレー・フォー・ライフ・ジャパンに参加しました

がん経験者やその家族たちを支援するイベントに参加し疾患啓発活動を実施しました

がんと闘うための絆を育む啓発サポートキャンペーン「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」(RFLJ)はがん患者さんや家族・支援者たちがチームをつくり、交代で24時間歩き続けるイベントです。

このイベントには、今を生きているサバイバーを「祝い」、亡くなった愛する人を「しのび」、予防や検診を啓発しながら征圧のために「立ち向かう」という、3つの想いが込められています。2017年は全国49カ所で開催され、2007年以来ボランティア参加を続けている中外製薬は、各地で「チーム中外」を結成し、全国29カ所で490名が参加しました。

この年は拡張現実(AR)を活用した「胃のなかGO!探せ7つのヒミツ」による疾患啓発活動を行い、23会場で1,499名の方に体験いただきました。体験者には「チーム中外」のメンバーから説明を受けながら画面に現れる胃がんに関連する事柄について学んでいただき、胃がんについての早期発見・早期治療の大切さを理解していただきました。

従業員がボランティアとして参加した「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」(RFLJ)
  • シェア
  • ツイート
  • Lineで送る
  • メールする
閉じる
トップに戻る